2013年2月10日日曜日

【1980年代国鉄119系電車:リバイバル記事】「するがシャトル」用119系電車のこと

【おことわり】
本記事は旧ブログにて2013年2月10日付けで公開していた記事を加筆訂正したものです。


水色にベージュの帯の119系電車も塗装を改めて冷房改造されるとすっかりイケメンに

国鉄分割民営化が迫った1986年ごろは国鉄工場や基地公開がさかんに行われていた。分割民営化じたいは、当時の与党による政治的な目的があったというけれど、それまでにすでにスト戦術などにより「国鉄は感じがよくない」と市井のひとたちに思われていたろうから、それを払拭するためにも、国鉄としても懸命な姿を示したかったのだろうと思う。

さらに、自分があたらしく一眼レフカメラを買ってもらい、中学生になっていたのでそれ以前よりも行動半径が広がり、情報収集のアンテナが鋭敏になったために、なおさら、そういったイベント情報をよりキャッチしやすかったということもあるはずだ。
もっとも、残念ながらいまの私は腰の重いままだ。大人になればより活動的になれるのかと思っていたけれど、そういう努力をしてこなかった結果、いまはますます腰が重い。やれやれ。

そんな愚痴はどうでもよろしい。さて、1986年には私はめずらしく、沼津機関区の撮影会にも行っている。そこでは飯田線から転用されてベージュに赤い塗装を入れられ冷房改造された飯田線用だったはずの119系電車が「するがシャトル」と命名されて公開されていた。施工直後でまだピカピカ光っていて、冷房を入れた車内が休憩室として公開されていた。それまで、119系電車は安普請の電車に思えてあまり好きではないなと思っていたのに、簡易冷房改造ではなく集中冷房式に大がかりに改造されていた新車のように美しい冷房車の119系には一目惚れしてしまった。

Nゲージでは塗装が難しそうな赤いラインだ
119系電車についての詳しい説明は各自参照していただくとして、簡単に説明すると、国鉄末期に飯田線の旧型国電置き換え用に、2両単位で運用できるローカル線用通勤電車105系を元に飯田線仕様に改めて作られた電車だ。車内がセミクロスシートであること、高速性能はあまり重視せず、コストダウンをはかるために廃車発生品をあちこちに用いていることが特徴だった。冷房装置も新造時は装備されていなかった。いくら飯田線だって、夏は暑かろうに。この電車は旧型電車ばかりが走っていた飯田線用に、新たに水色にベージュのラインを巻いて装いも新たに登場した。当時ではこのベージュのラインは珍しく塗装ではなくステッカーだった。旧型電車ばかりが走っていた飯田線のオンボロなイメージを更新した電車ながらも、各種旧型国電を置き換えた敵役として、登場した頃は国鉄ファンの怨嗟の対象だった。



登場直後の119系に乗ったことは一度だけある。家族で豊川稲荷に出かけたときに豊橋から豊川までの数駅の間に乗った。乗り心地は当時山ほど走っていた直流近郊型電車そのもので、とくに印象に残ってはいない。のろいしあか抜けない電車だなあ、という印象は子ども心になんとなく残っている。でもそれはバイアスがかかっていた可能性は否定できない。「国鉄ファンの敵」「コストダウンを図った電車」として、鉄ヲタ少年にはネガティブな印象ばかりあったかもしれないから。まだ中二ではなかったはずだけど。

そんな、あか抜けない印象だったはずの119系電車に沼津で再会したときの驚きはうまく言い表せない。ベタな言い方をすれば、あかぬけない印象で同じクラスにいても名前くらいしか知らず、言葉をかわしたことがないクラスメートに、同窓会や町で出くわして、彼または彼女の服装(女性ならメイク)があか抜け、ものごしにも自信があふれて、社交的になっていた姿を見たときのおどろきに近い。男性でも女性でも、「あ、『デビュー』したんだ!」と思わせる、あれです。

というのも、119系電車は飯田線専用に新製されたはずが、なんでも東海道線の静岡県内の区間を走る「するがシャトル」用に転用され、そのためにベージュ塗装に赤いラインを入れられて冷房改造されていたのだ。まだ工場から出場したばかりのぴかぴかの電車で、非冷房だったはずが冷房改造されて止まっていたのだから、印象が多いによくなった。

そもそも沼津へはたしか、西日本各地の旧型電気機関車が集まるというふれこみの撮影会に、心配性の親を説得してやって来た。それが、見たことのない姿で新車のような119系電車を目にして、こちらにすっかり惚れ込んでしまった。




もっとも、そのあとにこの電車が運用を開始してからは撮っていない。東海道線で高速運転をするには、低速重視で作られた性能が脚を引っ張ったために、東海道線での運転は短期間で終了したというのだ。国鉄末期の車両の転属にはそういうお粗末な事例がいくつかある。長らく東海道線で荷物列車を牽引していたEF58を置き換えるために、信越線用に作られたEF62を転属させてみたら、やはり東海道線での高速運用にEF62が絶えられず故障が頻発したというのも、そのひとつ。鉄道車両も機械なのだ。汎用的に作られたものではなく、どこか特定の路線の性格に合わせて作られたものをよそで使うというのは、当初の目的と離れてしまうと難しいのでしょうなあ。


EF30などの西日本の機関車も見ることができた
結局この「するがシャトル」用編成もすぐに飯田線に戻され、JR東海の時代にはベージュに湘南色の帯のオーソドックスな塗装になっていたようだ。そのころは鉄道趣味から離れていたころなので、飯田線にその姿を見に行こうとも思わなかった。さいわい、いまではえちぜん鉄道に数編成がインバータ制御に改造されて走っている。その姿を見に行くのもいいかな。なにしろ、気になる存在のくせに、自分の好意を示しそこねて……というのは人間相手でさんざん……(以下略)

0 件のコメント:

コメントを投稿