2018年4月29日日曜日

【2011年8月】「ホームライナー鴻巣」3号、485系電車を撮る



■じつは……まだ不調なのです
 このところ体調不良がいまだに底を打たないので、いささか困っている。といっても、命に別状はない。関係各位、まことにあいすみません。親しいお仲間のなかには覚えていらっしゃる方もいるかもしれないけれど、以前入院したときのアレが再発してしまいまして。家での仕事はできるけれど、外出はできるだけ避けたい。今年に入って多忙で撮影できなかったあとに、こんどはこういう理由で撮影に行けないとは。まさか、7年ぶりにまたTopical steroid withdrawal syndromeが悪化するとは思っていなかったよ。withdrawal直後のあのときよりは症状は軽いけど、意外と近いレベルにまでどうやらなってしまうようだ。またアレをやるのかと思うと、ため息も深くなる。死ぬことはないけれど、見た目と暮らしに支障はあるよなあ。いつ安定化するようになるかだれにもわからないから。

 とにかく、そういう理由でやむをえず、数年ぶりに高崎線沿線の「ドクトル」のところに通っている。先日ももいささかものうげに高崎線の電車に揺られていた。大宮で乗り換えるのにたまたま高崎車両センター所属の485系電車「華」を見かけ、その走行音を聞いているうちにふと、7年前の夏から冬にかけて、当時走っていた「ホームライナー鴻巣」3号のことを思い出した。より正確にいうと、私の「ドクトル」が当時勤めていた「ダーチャ(ロシア語で「別荘」。ただし、文中での意味は「バリニッツァ」「ゴシピタリ」のこと)」にしばらく世話になっていたときに、しばしばその終着駅や手前の駅で列車を見に行くことを目的にしてほぼ毎晩散歩をしていた、あのころを思い出した。


2018年4月2日月曜日

【西武多摩湖線1986年】西武351系電車355編成のこと

西武351系電車355編成(1986年4月、以下同じ)

■萩山を通るたびに思い出すのは
 西武拝島線の列車に小平から乗り換えて萩山に着くと、いまでもつい気にしてしまうのは1番線にいる多摩湖線の電車のこと。「今日はなにが停まっているかなあ」と思って1番線を観察する。それはもちろん、私のヲタ気質のなせるわざによる。というのも、多摩湖線には私の子どもの頃から中年真っ盛りのいまになっても、たいていは本線系統では見られなくなった電車が代替わりしながら用いられているからだ。
 ただ、いいわけをさせてもらうと、「あ、萩山だ!」とついキョロキョロしてしまうのは、多摩湖線の電車を見たいからではあるけれど、私がものごころついてから萩山駅の構内配線や雰囲気があまり変わらないということもあると思うのだ。拝島線列車から多摩湖線を見るとその奥にはUR賃貸住宅が並ぶあの感じがね。そこにある店が変わったこと、北口には大きなマンションが建ったことはもちろん知っている。それでも、たとえば、高架複々線化された石神井公園や構内踏切が廃止されて駅舎の高架化がされた武蔵藤沢のような、以前の面影がまったくなくなった駅とはことなり、昔のようすをすぐに彷彿させるから、いつまでも子どもの頃と同じような振る舞いをしてしまうというわけだ。ええ、いいわけです。「子どもの頃からあまり変わっていないものごとを見て、当時と同じ振る舞いをしてもかまわない」わけではないからね。