2017年12月30日土曜日

【東武鬼怒川線撮影記事】走れSL「大樹」! 夜の転車台にて


■夜汽車を撮るために
 先日の東武鬼怒川線SL「大樹」撮影行の続きだ。上りSL「大樹」4号を砥川橋梁で撮ったのは15時ころだった。冬至すぎとはいえまだ明るい時間だ。いっぽう、SL「大樹」はさらにもう一往復する。下今市発16:32、鬼怒川温泉着17:08で、鬼怒川温泉発18:09、下今市着18:43ということは、冬至すぎのいまの時期は下今市を出発するのが日没とほぼ同じ時間だ。事前に計画的に行動するならば、日のあるうちの列車は撮影をして、日没後の列車には乗ってみるというのも楽しそうだ。次はそうしてみようと私も思う。けれど、当日に思いついたときにはすでにSL座席指定券は完売していたのだった。そうなれば、せっかく鬼怒川線に来ているのだし夜汽車を撮りたい。そして寒いし空腹で、コンビニではないところでなにか食べ物がほしかった。そこで、列車に乗って移動をすることにして、迷った挙句に鬼怒川温泉にやって来た。下今市と鬼怒川温泉にはそれぞれに転車台があるからだ。

2017年12月29日金曜日

【東武鬼怒川線撮影記事】走れSL「大樹」! 鬼怒川線にて国鉄を味わいに行く


■鬼怒川の流れは絶えずして…… 
 冬晴れの日が連日続いていたのに、この日は日の出から太陽がほぼ終日姿を見せなかった。鬼怒川の河原にいるとなおさら冷える。ときおり雲の切れ目から太陽が顔をのぞかせても、すぐに隠れてしまうために気温が上がらない。どうせなら雪が降ればいいのにと思うほど。足踏みをしたり体を動かして河原に立っていた。寒い日になぜ河原にいたかというと、列車を待っていたから。東武鬼怒川線を走るSL「大樹」を撮るためだ。


2017年12月22日金曜日

【上信電鉄撮影記事】上州ネギ味噌祭り! デハ204-クハ303混色編成ふたたび


冬至、クリスマスも迫ってきて、いよいよ2017年も終わろうとしている。会社勤めのひとたちはあいさつ回りをしながら、休暇前の年末進行に大忙しだろう。かくいう私はといえば、自前の電子書籍のカメラ本のために借用をお願いしていた人気機種がようやく手元に届いて……年末年始は撮影だ。お、おう、やったろうじゃないのさ。

というわけで、なにを撮ろうかと考えながらいたある日、Twitterのタイムラインを流し読みしていて、上信電鉄ではこの春にもあった「ネギ味噌」などとお仲間が呼んでいる混色編成がいままた見られるらしいということを知った。上信電鉄の電車は鉄のみなさんならご存知のように通常は編成単位で統一されていて、冷房装置がないために夏のあいだは走らないぶどう色(茶色)塗装の車体に「祝 富岡製糸場世界遺産登録」の文字が書かれたデハ204-クハ304の編成が解かれている。そしてそのうちの茶色のデハ204が、アイボリーにグリーンの帯(どうやら最近の上信電鉄標準塗装)で通常はデハ251と編成を組んでいるはずのクハ303と、1両ごとに色のことなる編成を組んでいるらしい。

ふらっと行ってみても、まあそうそう運よく見られるとは限らないさ。ははははは。そう思って八高線を降りて上信電鉄線ホームに行くと、アイボリーにグリーン帯のクハ303が停車していた。そして、連結相手は茶色いデハ204……あわわわわ。いきなりネギ味噌に遭遇できたじゃああああん!

2017年12月12日火曜日

【国鉄型489系電車なつかし記事】489系電車PETITお名残乗車記:ホームライナー古河3号・鴻巣3号を撮る(2010年2月) 続編


【おことわり】
本記事は旧ブログにあった2010年2月15日づけエントリーを加筆訂正したものです。先日、大宮の鉄道博物館に行った際にひさしぶりにクハ481やクハ181というボンネット型の国鉄特急形電車(あるいは「こだま型」。いずれももはや死語といっていい存在でしょう)を見て、そういえばこのブログにはこれらボンネット形の特急電車の最終型である489系電車が最後の活躍をしていたときに、ほんの少しだけお名残乗車をしに行った記事を載せていなかったことを思い出しました。そのまま掲載するには拙い記事でしたので、大幅に改訂して再掲載いたします。なお、各種列車などの情報はいずれも記事初出時の2010年2月の情報です。ご注意ください。

【以下本文】
■こんどは上野に行く
 鶯谷ホームから急行『能登』を撮ろうとして、京浜東北線の電車に被られてから数日後。私は上野駅にいた。鶯谷で被られるなら、上野のほうが停車時間があるぶん確実だ。

2017年12月11日月曜日

【国鉄型489系電車なつかし記事】489系電車PETITお名残乗車記:ホームライナー古河3号・鴻巣3号を撮る(2010年2月)

【おことわり】
本記事は旧ブログにあった2010年2月15日づけエントリーを加筆訂正したものです。先日、大宮の鉄道博物館に行った際にひさしぶりにクハ481やクハ181というボンネット型の国鉄特急形電車(あるいは「こだま型」。いずれももはや死語といっていい存在でしょう)を見て、そういえばこのブログにはこれらボンネット形の特急電車の最終型である489系電車が最後の活躍をしていたときに、ほんの少しだけお名残乗車をしに行った記事を載せていなかったことを思い出しました。そのまま掲載するには拙い記事でしたので、大幅に改訂して再掲載いたします。なお、各種列車などの情報はいずれも記事初出時の2010年2月の情報です。ご注意ください。


【以下本文】
■残業続きで忙しくしていたなかで
 会社帰りに時間を作って何回か夜の上野駅に行った。というのも、2010年3月13日のJRダイヤ改正で上野と金沢を結ぶ急行『能登』の489系電車が引退することが発表されていたからだ。当時の急行『能登』には運転室部分がボンネットになっているこだま型の交直流区間対応特急電車として、信越本線横川~軽井沢間を協調運転で通過できる最終タイプとして、奇跡的にJR西日本金沢総合車両センター(国鉄時代は金沢運転所)に残されていた懐かしいデザインに赤とクリーム塗装の国鉄時代の特急型電車が充当されていた。

2017年12月9日土曜日

【YS-11FC】夜間訓練飛行撮影ふたたび



冬至も近くなり、日に日に日没が早くなる。作業をしていてもあっという間に日没がやってくるので、いささか焦る。そして、夜間訓練飛行はほんとうに日没後に行われるために、この季節は撮りやすいとはいえない。それでも、YS-11FCが訓練飛行を行っているのを見ると、なんとか撮ってみたくなる。そうして、いつもと同じような絵を量産するというわけ。

2017年12月8日金曜日

【鉄博PETIT訪問記】大宮にて


都心に急な用事があった日のこと。いくつかの用事を済ませると時間はもう15時過ぎだった。暗い曇り空が広がっていたので、どこかに出かけるにも遅い。そこで、ここしばらくごぶさたしていた、大宮の鉄道博物館(以下、鉄博と略)に行ってみた。前に行ったのはたしか震災前だったから……7年ぶりか。