2008年1月30日水曜日

【西武101系撮影記事】「出戻り鉄」始動! 西武多摩湖線101系低運転台車を撮る(後編)

国分寺から乗ってきた電車を途中で下車してお見送り
昨夜は会社の帰りにももう一度国分寺から西武多摩湖線に乗ってみた。 もちろん、引退直前の101系低運転台車に乗り、撮るためだ。朝晩に二回撮りに行くなんてかなりの重篤だ。
萩山から戻ってきたところを駅構内の明かりで撮る
こうして念入りに仕事もすればいいのに、俺。まぁいいか。


1月にしては暖かい日だったものの、夜はそれなりに冷える。とはいえ地方の鉄道と違って東京のローカル線なので、夜でも10分おきに列車が来るから、待つのはそう苦にならない。それに、子どもの頃から夜の駅の風情が好きなんだな。
国分寺から戻ってきた電車が交換待ち
大学のある駅で降りて、交換シーンを狙う。この駅はこじんまりした感じと駅前に小さな飲食店が軒を連ねるようすがいい。いかにも「東京の私鉄の駅」という感じ。

85ミリを持って来ればよかったけれど、35ミリ、50ミリと80〜200ミリズームで来たので、手ブレを防ぐためになるべく 軽いレンズを着けるべく50ミリで狙った。
上下ともに出発進行!
夜間の走行シーンも狙ってみた。D2Xの高感度ノイズは気になるが、どうしてもならモノクロにしてしまえばいい。やっぱり、F2を持ってきてもよかったかな。モノクロを詰めて増感するという手もあるし。

1日だけの臨時撮りテツはこうして終わり。
(2013年12月追記:「終わり」にならなかったのはみなさんご存じの通り)

0 件のコメント:

コメントを投稿