2008年7月16日水曜日

【ロシアこぼれ話】試験管に笑われた

配偶者がロシアへ一人旅に出かけて帰ってきた。
いろいろあったようだが笑顔で安心した。我が子も大はしゃぎで、一安心だ。

そんな配偶者が、お土産に日本語動詞活用の小冊子をくれた。ベルリッツがロシアで出しているという。 それを見ていたらおもしろくてたまらなくなった。 例えば、「れる、られる」の文法解説ページ。

動詞1のタイプ、語幹部分+「れる」語尾
動詞2のタイプ、語幹部分+「られる」語尾

と、解説は正しいし、例文もこなれている。ただ、例文のチョイスがおもしろいんだ。 以下、赤瀬川原平の「新解さんの謎」みたいにつっこみつつご紹介していこう。


「電車の中で、男の人に足を踏まれました」
あらあら、ひどい男がいるものだね。

「台風に見舞われて、交通機関がまひしてしまった」
足を踏まれるわ電車は遅れるわ。たいへんだなあ

「泥棒に財布をとられた」
うちの配偶者なんてあなた、サンクトペテルブルクの路上でデジカメをスラれたんだぜ。

「その猫はガソリンか灯油をかけられていた」
ひどすぎる! ひとでなしだよ! 例文自体もひとでなしでしょうが!

おまけに、そんなひどい一日を過ごしたあげくに、さらに追い打ちをするような事態が発生!

「妻に先立たれた」
もうつらくていられなさそうですね。

そうやって傷心のところにですよ
「私が試験管に笑われた」
「試験官」じゃなくて「試験管」ですか!

妻に先立たれて実験道具にまであざ笑われたら、もう私、どうなっちゃうかわからないから!

※ちなみにロシア語には、きちんと「試験官」とあります。Меня осмеял председатели экзаменационной комиссии

この話、まだまだ続きますよ。

0 件のコメント:

コメントを投稿