2009年5月31日日曜日

【秩父鉄道1002編成撮影記事】「秩鉄リバイバルカラーデハ100形タイプ」撮影記 前編


おそらく、20年ぶりだ。
秩父へ行った。鉄道を撮るためのだけに。

鉄道を撮るだけを目的に秩父へ行ったのは、1988年春のデハ100形電車引退直前の桜の季節に行ったのが最後。それ以降は秩父へはなんども出かけているけれど、観光や子連れでのおでかけが主で、鉄道撮影に出かけたのはなんとまあ20年ぶりというわけだ。いやはや、20年なんてあっという間だった。


「秩父鉄道リバイバルカラーの臨時急行が走る」。この知らせをきいたときに浮かんだのは、どうせなら子どもの頃にやってみたかった、大好きなニコンF2で撮ろう(つまり、ポジフィルムで撮ろう)という思いだ。

いまやD2XとAFニッコール80~200ミリF2.8Dは私の望遠撮影時の標準装備で、こいつでならたいていの場所でもなんとかさまにできると思う。もちろんできあがりの画質も満足できるものだ。

でもなんというのか。マニュアル車好きが運転が好きなように、ときにはカメラを操作して頭を使いたい、ということ。とはいえ、天候も危ぶまれたので直前まで逡巡した。実は、撮影地も決めかねて前日夜は眠れなかった。眠い目をこすってがんばって起床してみると空は雨。

でも、ベルビア50ではなくベルビア100にして、いざというときは増感することに決め、デジタルカメラも「押さえ」で持って行けばいいじゃないか、と思いいたる。そう思うと気持ちのもやもやが晴れて来た。さっそくカメラバッグにブラックとクロームのF2をつめ、35ミリ、50ミリ、85ミリ、180ミリの単焦点レンズとジッツオの小さい三段三脚を持つ。初志貫徹ってやつだ。

これじゃあ20年どころか30年前のカメラマンの装備だ。でも、D2Xとズームレンズ、サブのデジタル一眼レフという装備より軽快な感じがするのがうれしい。

秩父鉄道直通の西武線に乗り込み、うとうとしながら車窓からロケハンする。SL列車パレオエクスプレスの運転日でもあるので、ところどころに場所取りをするファンの姿も見える。霧雨まじりの曇りなので、光線状態をあまり意識しないで撮影地が選べそうだ。電車は長瀞の鉄橋を渡る。雨が続いていて水量が多く、あまり河原には降りてみたい感じではない。

そこで、20年前に行ったことがあるけれど、記憶にまったくない別の場所をめざすことにした。

0 件のコメント:

コメントを投稿