2011年1月29日土曜日

【京王6000系撮影記事】さよなら6000系えんじ帯

♪ぴぴぴっぴぴぴっ
駅のホームに電車の近接警告音が響き、自動音声が鳴る。3番線ご注意ください。各駅停車高尾山口行きが参ります……。

すると、本線の電車がやって来るタイミングに合わせて踏切の向こうのカーブをゆっくり曲がってくる電車の音がして、やってきたるは競馬場線6000系2両編成! しかも、なつかしいえんじ色帯を巻いたリバイバルカラー編成だ。



3月末で引退すると京王電鉄が公表した6000系電車は、本線の高尾山口行き特急や地下鉄直通電車、橋本行きにもなり、競馬場線や動物園線にも入る、一時期は京王を代表する電車だった。左右比対称で左側の窓が小さくてなんだかウインクしているような角形の電車は、私にとっては親しみのあるお気に入りの電車だったといっていい。

私の年代からもう少し上の方々(40歳代のみなさん)には、京王線の名車と言えば5000系だろうと思う。アイボリーにえんじ色の塗装を初めてまとったパノラミックウインドウの電車だ。いまでも、富士急行や一畑電鉄で見ることができる。でも、私には5000系は少々古くさい電車に見えてしまい、「地味な通勤電車好き」な1970年代生まれとしては、物心ついたときに京王線の主役だったこの6000系によりシンパシーがある。

いまでも京王線はなかなかの速度でぶっ飛ばす印象がある。新宿から調布までノンストップの準特急で10分くらいだろうか。(同時に、特急だの準特急だのと「列車種別のインフレ化」が進んでいる印象もある。サイヤ人→スーパーサイヤ人みたいな)子どもの頃も”山の中”をぶち抜いて高架線を行く相模原線の速さはなんだか目を見張る感じがした。

そんな思い出のある6000系ともこの3月でお別れ。昭和の電車がまた一つ減って自分もまた一つ歳を取ったというわけ。さよなら、京王6000系!

まだまだ新しい電車に見えるけど、京王は回生制御車にすべて置き換える意向だそうだから、なんとも仕方がない。一段下降窓の腐食もあると聞いたこともある。ことことと控えめなコンプレッサーの音が響く。出発時間が来ると再び競馬場正門駅へ電車はゆっくり走って行った。

0 件のコメント:

コメントを投稿