2012年11月9日金曜日

【秩父鉄道1000系撮影記事】モノクロームで撮るチョコバナナ


いくら私がヲタだからといえども、同じ場所で似たような写真ばかり量産しつづけるのはつまらない。趣味とはいえ(いや、趣味だからこそ)苦痛でさえある。

 そのくせ、長いあいだの迷いとためらいのすえに導入した新しいカメラを手に、わずかな時間を使って秩父鉄道沿線を訪ねても、あまり多くは取れない訪問機会に確実に狙った編成を効率よく押さえられる場所を、などと考えると、ついつい同じ場所を訪問し、似たような写真を結果として量産し続けてしまう。

この矛盾に我ながら呆れたりする。


とはいえ、新しいカメラには満足している。小さくて軽いしエントリーモデルほど安っぽくはない。D一桁ほどのカメラ部の感触は初めから望んでいないしね。事前に、高感度撮影時のカラーノイズについてもある程度知っていたから、まあこんなものかな、と思う。

こう書くと満足していないみたいに思われるだろうか。でも、いまD600の1/3程度で買えるカメラとしたら大バーゲンだと思う。いまはまだ使いこなしかたを探っているところだ。

その探求のなかで見つけたのが、高感度撮影によるモノクロ写真だ。以前のD2Xでも行っていた技だが、D7000のほうが高感度が使えてより自然に仕上がることとがありがたい。D2Xの高感度はカラーノイズ以外に筋が出てしまうのが困りものだったからだ。

凝ったことはまったくしていない。感度を上げて撮り、現像時にノイズリダクションをオフにする。ビネットもマイナス。モノクロにするのはピクチャーコントロールだから、相当な横着だ。しばらく撮りためてから、マット系もしくは画材用紙にプリントアウトしてみようと思う。

実はこれ、鉄道以外を撮るために始めてみた手法だ。ところが冒頭に述べた悩みでもやもやするうちにふと思いついた。秩父鉄道をモノクロで撮ればいいじゃないか。

そこでさっそく試したのが今回の一連のカットだ。モノクロにすることで得られる安易な目新しさは避けたい。でも、しばらくはこの手法も試してみたい。それにしても古いマニュアルフォーカスニッコールレンズは小さくて便利だけど……前照灯を真正面から浴びるとやはりフレアーとゴーストが……。高解像でナノクリスタルコートとデジタルゴースト対策の施された新しいレンズも買いたいなあ、とため息。
【撮影データ(共通)】
Nikon D7000・Ai Nikkor 50mm f/1.8S・ISO1600・RAW(現像時にモノクロ化、高感度NRオフ)
秩父鉄道1000系1007編成秩鉄リバイバルカラー(「チョコバナナ」)

0 件のコメント:

コメントを投稿