2012年3月11日日曜日

【2012年3月JRE185系PETIT撮影記事】(2012年3月11日)「国鉄特急色」に翻弄される朝

【おことわり】
本エントリーは旧ブログにて2012年3月11日づけでアップした記事を加筆したものです。筆者は当時、病気休職して高崎線沿線の「ダーチャ」(ロシア語「別荘」)にて療養生活を送っておりました。

ホームに通過列車の案内放送が流れてまもなく、遠くのカーブを曲がってくる列車のヘッドライトが見えた。来たぞ、185系上り特急「あかぎ」4号!





昨晩、寝床でぼんやりしながら携帯(パソコンは持ち込んでいなかった)で退屈しのぎにひとさまのブログを見ていたら、お世話になっているTakaさんが185系OM03および08編成という「なんちゃって国鉄特急色(日光型)」塗装と「なんちゃって湘南色」塗装の組み合わせを撮影されたというエントリーを見つけた。

ハハハ、特急と急行の混結みたいだな。

思わず笑みを漏らしてから気づいた。もし、こいつらが朝の上り「あかぎ」4号に入れば、熊谷出発が8時44分で桶川着が8時59分だったか。つまり、ダーチャのある駅を8時52~3分くらいに通過するはず。

ダーチャの出入口の解錠時間は7時からで、朝食は7時半。8時半すぎから9時半までは「メドシストラー」(ナース)たちは申し送り中で来ないし、日曜日はドクトルも来ない。しかもリハビリ室も開いていないから暇だ。日曜日のダーチャは暇なのだ。そして、滞在中の我がダーチャから高崎線の線路まで5分程度、駅まで10分程度。間に合うじゃないか。こりゃもう、朝から「散歩」するほかないでしょう。幸い調子も落ち着いたし、駅までは外出をドクトルに認められているからね。朝食をとってからいざ出発だ!

D2Xに180ミリをつけ、コンデジと50ミリをポケットに入れて出る。薄日が差すけど肌寒い。でも、上り列車を撮るなら順光だ。

そんなわけでダーチャからまず、まっすぐ線路に向かう。すると線路にたどり着く100メートル手前(踏切まではあと200メートルかな)で、目の前をいきなり大宮の183系らしき国鉄塗装色の電車が横切った。

ななななな! なにそれ! DJ誌も買っていないからノーチェックの列車がいきなり国鉄特急色! カメラもあるのに。あと5分早くダーチャを出たらバッチリ撮れたのに。なはあ。気持ちのなかでは膝から崩れ落ちた。

とはいえ、知らなかったものは仕方ない。幸い趣味の撮影だから、撮り逃しても困りはしない。デスクに怒鳴られたりしないし。ただ悔しいだけだ。立ち直りの早さが私の取り柄だ。

撮影場所を選ぶ時間はない。吹上~北鴻巣のカーブや桶川~北本の公園沿いが素敵だけど、そんなに時間を用意はできないから、駅構内か駅近くの踏切にするか考え、駅ホーム端に誰もいないのを見て駅に入る。上り2番線ホーム端に立った。同業者なし。

そんなにいい場所でもないのは事前にわかっていた。障害検知のセンサーがあるから望遠レンズかいっそ広角側で流し撮りするほかない。迷って望遠レンズを着ける。広角側で撮るほうが少しは側面を撮れるけれど……。

ついでにコンデジ動画を撮るべく支度した。三脚もないから使わない標準レンズを地面に置いてコンデジを乗せて、ストラップで手すりに結びつける。

程なくして特急を待避する各駅停車がやって来た。ポイントをゆっくり身をくねらせるようにして211系が2番線に入線した。よく見ると、下り方の付属編成の高崎側正面がダブルパンタのクモハだ。霜取り用のパンタグラフが先頭にあるやつだ。無知をさらしますが、高崎線にも走ってるんだねえ。はじめて見たぜ。もっとも、房総や両毛線運用みたいに先頭のパンタグラフは上げていない。チョンマゲみたいに先頭のパンタグラフを上げて走る様子が見たかったんだけど、高崎線でダブルパンタのクモハが見られただけラッキーかも。房総の211系も見たかったんだけどなあ。中井精也さんが「モノサク」で流し撮りした写真を見てなんだか気に入っていたのだ。

フムフムと感心していて遅まきながら気づいたんだけど、2番線に電車がいたら、望遠レンズでは通過するあかぎを後追いでは撮れないんだわね(^-^;。なにしろ、銘レンズとはいえ単焦点のAiニッコールED180ミリF2.8Sだから。



♪ピロリロリロリーン。まもなく、1番線を列車が通過します。危ないですから黄色い線の内側まで下がってお待ちください……。

やや、来るぞ来るぞ。コンデジ録画開始。遠くのカーブをじっと睨む。すると……あれ、あれれれれ白い……ああっ、後ろ半分は赤とクリーム! 来たなOM08編成! 湘南色+特急色ではないけど、後ろ半分は狙いの特急色だ。撮った! あれ、グリーン車の緑帯はないんだな。けれどファインダー越しに見た185系国鉄特急色はなかなか決まってる。湘南色より違和感がない。


でもやっぱり、正面がちにしか撮れないこの場所より踏切で50ミリで撮ったほうが後ろ半分の国鉄特急色を目立たせることができたなあ。ハハハ、まあ仕方ないわ。ファインダーから目を離して最後尾の先頭車を見ながら考えた。

あかぎ通過のあと、数分して待避していた211系が出発した。せっかくだから後追いでダブルパンタクモハを撮る。まあ、踏切にいたらダブルパンタクモハに気づかなかっただろうし、コンデジ動画は撮れなかったから、これはこれでいいや。

今日はこうして引き上げた。次の上り特急を待てば湘南色も来るだろうし、折り返し下りは高崎側にいる特急色が先頭に来るのだけど、ダーチャ生活者だから許可なく長居できないんでね。それに、撮るなら深谷とか別の場所できちんと撮りたいから、今日はロケハンみたいなもんだ。なんせ、リハビリ鉄ですから。無理に深追いはしないのさ。

……しかし撮り逃した183系が悔しい。

0 件のコメント:

コメントを投稿