2016年5月25日水曜日

【JR青梅線撮影記事】隧道と落石避けに胸アツ


思えば、最後にJR青梅線でカメラを構えたのは……25年も前になるのだろうか。いや、それ以降にも乗ったことは数回ある。けれど、正直にいえば、201系電車やE233系電車をまじめに撮ろうと言う気にはいっさいならなかった。

ところが、先日ひさしぶりに奥多摩まで乗ってみて……いやあ。架線柱がやたらと多くて、写真にしてしまうと西武秩父線ともそうそう変わっては見えないけれど……石灰石輸送のために昔の人は氷川(当時)まで隧道を掘って線路を繋いだわけだよなあ、と思うとなんだか胸が熱くなった。ま、E233系電車をまじめに撮る気にはならないけどな。あんなものは、走ルンですです。偉い人にはわからんのです。


だからもう、好きな電車がどんどんいなくなるなら、電車の姿を撮らないようにしてその路線を撮る方法を編み出していくほかないのかなあ、などと考えるわけだ。乗って移動しているぶんにはいいけどさ。






白丸駅に最後に降り立ったのは、1991年の夏のはず。103系電車の冷房改造体質改善車が走っていたし、EF641000番台車が牽引する鉱石貨物列車がいたころだ。そのまえの、ED16と101系・103系電車がいた頃は、子どもごころに覚えているだけだ。1991年だって、「72系電車やクモハ40、ED16やEF15の頃に来たかった」と思っていたのだから、まあ、アレだ。私はいつだって新しい電車がキライなヒヒジジイなのだ。坊やだからさ。

0 件のコメント:

コメントを投稿