2010年5月4日火曜日

【JR久留里線PETIT撮影記】国鉄色ディーゼルカー、原付に負けながらも活躍す!

木更津では目の前に「国鉄ワールド」が広がっていた

「赤い電車は羽田からぼくらを乗せてひとっ飛び」(くるり『赤い電車』)

と軽やかにはいかないけれど、小さな山の裾野にある小さな小さな城下町の久留里駅に朱色とクリーム色の塗りわけのディーゼルカーがゆっくりやって来た。ここで上り列車とタブレットを交換する。


連休二日目は家族で房総半島を走る久留里線に来た。近くを走る小湊鉄道は何回も観光に来たことがあるのに、久留里線に来たのは初めてだ。

行ったことのない理由はたぶんみなさんと同じ。沿線にたいした観光名所もない気がしたし(実は潮干狩りができる木更津や水のきれいな小さな城下町久留里、亀山ダムなど、実はその気になれば観光に値する何かはある。久留里から養老渓谷まで12キロだから、車ならすぐだ)、走っているのは変な塗装のキハ30、37、38。かつては珍しくも何ともなかったディーゼルカーだったし。八高線電化後は貴重な存在になってはいたけれど、どうも派手な色になっちゃってセンス的にナンだと思っていた。

そういうわけで、房総方面に来たら養老渓谷があって車両的にもローカルムードがより好ましい小湊鉄道には行っても、ついぞ久留里線へ足を向けたことはなかった。
まずは上総亀山行きが入線
そんな久留里線だけど、あれは昨年のことだったか。パートナーが取材で出かけてきて「タブレット交換もしているし、久留里の町の雰囲気もいい。ローカルムードがたいへんいい感じである」という。そうなると俄然行き先としての候補になる魅力がある。でも、キハの塗装がいまひとつ、と思っていた。

そうした折に昨年秋にキハ30がかつての国鉄色に塗り替えられたというわけだ。タラコ色の首都圏色ではない。朱色とクリームのかつては日本全国津々浦々に走っていた、国鉄の気動車塗装だ。しかも、この冬にかけてこの塗装の車両が1両ずつふえて、ついに3両になった。そして、このゴールデンウィークには国鉄色だけで3両編成や2両編成で走るというではないか。運用も公開されているので狙いやすい。やるな、JR千葉支社。だてに動労のストばかりやっているわけではないね。

そこで、昨日八高線に乗りながら思い出した国鉄色ディーゼルカーに乗りに行ったというわけだ。私の年齢だとタラコ色の首都圏色やアイボリーに紺色の相模線色しか実際にはリアルタイムで見てはいないけれど、ローカルムードに似合ういい塗装だと思う。

木更津までは東京湾アクアラインを経由する高速バスに新宿西口から乗って行った。どうせなら、内房線の横須賀色の113系電車に乗りたかったのに、高速バスの値段と時間に負けた。特急に乗るのなら値段も時間もそう変わらない。

バスから降りて木更津駅のホームから見たら、キハ30は3両とも車庫に並んでいた。しかも、国鉄色のDE10もいる! 国鉄時代万歳! という雰囲気満点だ。ちなみに、今日は2両編成が夕方に一往復するだけの日だ。

実はわざとそんな日を選んで出かけた。

理由は簡単だ。撮影目的の一人旅ではなく、家族連れの行楽の「ついで鉄」なので、「3両編成で何往復もする」日に来たらおそらく人出が多かろう。小さい子どもがちょろちょろして他の撮影者に迷惑がかかるだろうし。

そこでまずは久留里まで乗り、お弁当を食べたり久留里城を見たりして散策した。田植えシーズンで田に水が張られ蛙の鳴き声も聞こえ、鯉のぼりもひるがえり、ニッポンの農村風景が目の前に展開されていい気持ちになる。久留里の町では井戸水を飲んだり古い町並みを眺めたり。

狙ったわけではないのに帰路はちょうと久留里駅に上りの国鉄色編成が来る時間だった。しかも、交換する下りも先頭は国鉄色。どんどん赤みが増す光の中をやってきたキハ30の2両編成はほんとうに懐かしい感じがしてうれしくなった。
西日を浴びて国鉄色2連が登場!

タブレット交換をして上下とも出発した。私たちは上りの列車に乗った。それにしてもなつかしい、キハ30! 八高線で最後に乗ったのがおそらく1992年春ろうか。えーと、18年ぶりですか。あれれ、エンジンの音が違う気がするけれど(Wikipediaによれば機関交換がなされ、DMH17エンジンではなくなっていた)まあいい。木更津まで原チャリに抜かれながらのんびり走るディーゼルカーの旅は、ほんとうに素敵な旅だった。

0 件のコメント:

コメントを投稿