2010年7月7日水曜日

【秩父鉄道7000系撮影記事】秩父の新主役7000系、本日も鋭意活躍中

ハニワッティも秩父のほうがハンサムじゃね
 我が家のチビッコをはじめ、おそらく沿線のみなさんに愛されている秩父鉄道の「新型」7000系。昨年春の運用入り直後に波久礼駅で乗っていた電車(1005編成だった)と交換したときには、帰宅途上の女子高生どもが「あ! 新型じゃああん!」と騒いでいたし、我が家のチビッコは「ななせんけいとななせんごひゃく」をクレヨンで描いては「のりたいなあ」とため息をつき、電動機が同じ性能の西武2000系に乗るたびに「ちちぶてつどうのななせんけいとおなじおと」と思い出す。また乗りに行こうぜ。



背景の緑ともよく似合う
1000系各種リバイバルカラー電車やパレオエクスプレスを狙って線路ぎわにいれば、3編成(7500系を含めて)しかないのにたいへん遭遇率が高い。1日に何往復もしている姿は否応なしに目につくから、いかに重点的に運用されているかがわかる。沿線住民だけではなく秩父の中の人たちにも愛されているということですね。
ばっちりな光線状態だとたいてい現れる7002編成
どういうわけか、いや、それも稼働率が高いからなのだけれど、晴れや大雨などのフォトジェニックな気象条件だと私はヘンテコ顔7002編成と遭遇する頻度が高い。ヘンテコ顔でも頑張っているんだよ、という神の啓示か。なんの神様だろうか。
なんちゃって貫通路もまばゆい、かも
それにしても、新たな緑のグラデーションは秩父線沿線に似合う。鮮やかだし、洗練されて見えていい。都会の電車が秩父にもこうして馴染んでいくのだ。次に来るのは7003編成か7502編成か。なにはともあれ秩父の地でこうして東急車は今日も鋭意活躍中です。

0 件のコメント:

コメントを投稿