2011年4月8日金曜日

【秩父鉄道1000系撮影記事】秩父鉄道の桜を見る(その2)

秩父鉄道の上長瀞の桜並木は、荒川橋梁とならんで沿線で最も有名な撮影地だろうか。桜が満開の時期には昔から人出のあまりの多さに近寄るのが気が重くなる場所だ。三脚で場所取りしてあるのも嫌だし。

でも、パレオエクスプレスが通過した後の夕方の桜並木には、嘘みたいに誰もいなかった。

木製の架線柱もいまや貴重だ


桜堤沿いの駅から三峰口行きに乗ったら、明戸で上りパレオエクスプレス5002列車と交換した。それを見て運転席後ろで母親に抱かれていた子どもがうれしそうにしていた。パレオとすれ違う電車の乗客がみんな一様に顔を上げて表情をほころばせ、パレオの乗客に手を振るのを見ているとなんだか心が和む。

乗っていた電車(7501編成だった)は小前田で1000系チョコバナナ1007編成と、そしてスカイブルー1001編成と交換した。小豆1002編成は熊谷で寝ていたから、今日はリバイバルカラーはもう撮れそうにない。太陽がだんだん傾いて赤みを帯びて来た頃に上長瀞に電車が着いた。迷ったすえに意を決して降りてみた。

桜並木のソメイヨシノは案の定どんどん散っていたけど、ソメイヨシノではない木が一本だけ薄ピンクの花を咲かせていた。見ていてしみじみと和む。

それにしても、私はどうも花と電車を絡めて撮るのがいつもうまくできない。今回もすでにソメイヨシノは満開ではないし、昔に比べてすっかり桜が老木になって来たこの場所でもなおのこと迷う。

そこで、望遠ズームで桜をグラデーションのようにぼかしてしまうことに決める。そう考えていたら、お目当ての1000系が登場。白い車体を西日に赤く染めて走って来た。
角張った車体のデキ102もカッコイイ
そしてさらに、乗って来た電車が武川で追い越した、いまや最古参のデキ102が牽引する鉱石貨物列車にも遭遇。遅い時間に行ってこれだけ見られたのだから、けっこう上出来だろう。
ヘンテコ顔はいつもカッコいい状況で現れる
上長瀞から寄居経由で帰宅するべく待っていたところにやって来たのは7000系7002編成。TakaさんがWebサイトで教えてくださったように、橋梁のところの桜はちょうど満開だった。それにしても、いつも「いま電車が来たらかっこいい場面だなあ」と思っていると7002編成が来ることがとても多いのはいつも不思議だ。
交換した1008編成とソメイヨシノをからめる
この7002編成に乗って寄居へ向かう途中で、交換する1000系を見て今日の撮影はおしまい。寄居では茶デキも見たし、デキも桜吹雪の中を頑張っていてとてもよかった。

0 件のコメント:

コメントを投稿