2011年4月11日月曜日

【東武東上線記事】東上線が新鮮だ(その3)

和光市駅手前のアップダウンは魅力的だ
東武東上線と営団地下鉄(当時)有楽町線の相互乗り入れ開始は、少年時代の私にはビッグイベントだった。

なんせあの、セイジクリームや青い線の新塗装の8000系だらけ(9000系は試作1編成のみ。10000系が増えつつあった)で有料特急のない、純然たる通勤路線にして車種の変化という「趣味的な面白さ」の少ない東上線だ。「73・78系がいないと同じ電車ばかりだなあ」と思っていたところに、営団7000系が走るのだ。

しかも、その後は我らが西武線にも有楽町線は乗り入れる。東武と西武が直接乗り入れるわけではないと知っていたけれど、「ご近所さんのおめでたい出来事」は祝わないわけにはいくまい(意味不明?)。そして、23区の山手線内側にすんでいない限り「地下鉄」は近所を走らない。当時中野区民だったけど、東西線は走っていたけれど、都営12号線(いまの大江戸線)もまだ新宿まで開業していない時代。そんなわけで、なんとなく珍しく都会的な印象の電車と接続するのだ! こりゃあ行かなきゃあ。何はともあれ新鮮な新線なのだ。

というわけで、何回か開業後にカメラを片手に出かけている。

まず1987年8月末の営団成増(現地下鉄成増)~和光市開業後にまず気に入ったのは、和光市駅に至る勾配。望遠レンズだと非常にフォトジェニックでありました。後追いでないと撮りにくいのだけど。それから、東上線内を地下鉄の電車が走る様子を撮ろうと見つけたのが志木と柳瀬川の間の直線区間。午後から夕方には側面にしか日が当たらず正面は陰るのだけど、アルミやステンレスの銀色の電車の車体が輝く様子が美しく、思春期で「列車写真なんてつまんねえ!」と地味な反逆心を抱き始めていた私はわざわざこの場所に何度も通ったのだった。

1987年8月、和光市、フィルムはKRだ
1988年の有楽町線の新富町-新木場の開業も心躍った。心躍ったのだけど、新木場周辺で駅以外ではどうもうまく写せなくて、向かったのはやはり東上線内。「新富町」ではなく「新木場」行きの列車を写した。

この頃好きだったのは東武9000系量産車だ。明るい黄緑色の座席のモケットとベージュ色の化粧板が地下鉄線内でも明るくて、有楽町線で待っているときにやって来ると実にうれしい感じがした。当時、所用で市ヶ谷に出かけるにもわざわざ有楽町線に乗ったり、時間が許すときにはあえて9000系を待ってみたこともある。

正直言えば、この電車が西武線や秩父鉄道に乗り入れないかなあ、と思っていたのだった。いま思えば秩父へは10両固定編成だから無理なのだが。
1988年7月、志木-柳瀬川
1988年7月、志木-柳瀬川

0 件のコメント:

コメントを投稿