2012年7月9日月曜日

【小田急8000形ついで撮影記事】やっぱりキミが好き! 小田急8000形をいまさら撮る

私にとって、プライベートや仕事の所用で乗る機会が意外に多い私鉄が小田急だ。幼少期は親戚が小田急相模原駅近くの線路沿いに住んでいて、そこへ遊びに行ったときに、時折そばを通過するロマンスカーが、汽笛ならぬミュージックホーンを鳴らしていたことを覚えている。そして、出身大学が沿線にあって都内から通っていた。お洒落で有名なブランド大学ではなく、工学部と医学部は有名だけど、地方の草食ボンボンが多い頭の悪いほうの大学ね。もちろん、江ノ島に何度も行った記憶もある。子どものころにも行ったし、大人になってからもシツレンするたびにカメラを持ってふらふらと「潮風に当たりに」(苦笑)行った。しょっぱいな、それ。

だが、真面目に電車を撮ったことがない鉄道でもある。撮らなかった理由は特にない。強いて挙げれば、小田急の裾を絞った電車のボリューミーなデザインがずっと苦手だったことだろうか。子どもの頃から最近まで、人間でも女性らしい体型の人はずっと苦手だった。きっとそこに母性を感じるから嫌だったのだろう。いまはどんな人でも好きなのに(以下略)。千代田線乗り入れの「ガイコツ」9000形以外の「小田急顔」デザインがいまいち気に入らなかったことだろうか。お隣を走る京王はもっと大好きだったけど、あちらで好きなのは裾のまっすぐな6000形だったしね。




そんなわけでろくに撮ったことがない小田急だけど、気がついたら(いや、もちろんわかっていた)小田急顔電車が消滅しただけではなく、そもそも銀色の電車だらけになってしまった。しかも、裾のまっすぐで他社と代わり映えのしない、そこそこ快適だけど面白みをまったく感じない3000形ばかり。あー、つまんね。なんだかこれでは小田急に乗っているつもりがしない。

などと外野がいまさらぶつぶつ言っていても、単なる偏屈オヤジの独り言にしかならない。だからオヤジって鬱陶しいと思われるのだ。オッサンって、村上春樹みたいにメタファーを使うと、雨の日の野良犬のように誰にも触れられずみなに避けられる哀れな存在だなのだなあ。まあ、そんなことはいいや。

先日、横浜方面へ所用で出かけた。町田で友人と待ち合わせての外出だ。ほんとうは、小田急に乗る予定はなくて、八王子から横浜線で町田に出るつもりだった。ところが、ほら、刃物を持った男が横須賀線車内で暴れるという事件を起こしたために、横須賀線、東海道線、京浜東北・根岸線、そして横浜線が運転を一時見合わせた。横須賀線での事件なのに、ハマ線まで止まっちゃったのです。

その運転見合わせという知らせは中央線下り方面に乗っているときに立川の手前で聞いた。そうなったら町田に出るには南武線登戸経由しかなくなる。そこでやむを得ずに登戸まで出て小田急に乗ろうとして、やって来た8000形を見ていたら、無性に撮ってみたくなったという勝手な気分の持ち主が私です。俺の知っている小田急が来た! って(笑)。

なんだかねえ。プーシキンの「エヴゲニー・オネーギン」じゃあるまいし。昔、自分を好いてくれた女性がいて、自分だって気になっていたくせに、もっともらしく彼女からの求愛を断った。そのくせ、自分が人生のもろもろに破れたころに、他人の妻になった彼女が気になり求愛をするも、彼女は(彼を昔と同じように愛しているけれど)拒絶する。「ターニャはお嫁に行ってしまったのです」。覆水盆に返らずですね。いまさら「小田急8000形が好きだ!」と言ったところで遅すぎる。あれれ、いつぞやもこの「エヴゲニー・オネーギン」のたとえをこのブログで使ったことがあるよね。まあいいや(苦笑)。

でも「百万本のバラ」の歌ではないが「貧しい絵かきは孤独な日々を送った/けれどバラの思い出は心にきえなかった」のだ。ターニャ(8000形)に拒絶はされるんだけど、それでもオネーギン(ここでは、私?)は幸せなんだよ(たぶん?)。過去の自分に後悔はしている。それを悔やんでも受け入れられることはない。それでも、いまの自分の気持ちを偽ることなく、結果は出なくても気持ちをきちんと表現したのだから。え? だれですか? 「男は結果だ」とか長※川※恵の本の中身みたいなことを言うのは。

すみません、相変わらず大げさすぎた。そんなには8000形を好きじゃないけど、でもまあ、いま走っている小田急の電車の中ではいちばんいいな。だって、アイボリー(白)にブルーの帯じゃないと、小田急じゃないんですよ、私にとっては。

そんなわけで、途中で乗り換えたシンユリや、帰りの新宿でも少々撮ってみましたよ。なお、この日は友人相手に調子に乗ってだべりすぎて自宅最寄り駅までの終電を逃し、一駅手前から4キロ歩くなんていうことをした。カメラを持っていたおかげで、退屈しないでよかった。

それにしても、オネーギンの話は自分でいま書いていて身につまされ(以下略)。

0 件のコメント:

コメントを投稿