2012年9月3日月曜日

【東武野田線&8111F撮影記事】哀愁の町にリバイバルカラーが走るのだ


東京在住の鉄道少年だった私。途中の中断期間はあっても、鉄道への興味は完全には失われていなかったはずなのに、首都圏でさえ未踏の路線が多い。東武野田線もそのひとつ。いや、幼稚園の頃に大宮~大宮公園の2駅は乗ったことがあり、おぼろげには覚えているのだが。

そんな野田線はここ最近気になる路線ではあった。かつて「私鉄の103系」と呼ばれて私鉄最多の製造数を誇り、東武鉄道のどこへ行っても当たり前のように走っていて、そのくせ愛想のない顔つき(いわゆる「東武顔」)で面白みもなかったはずの8000系電車がどんどん数を減らしているのは、このブログへ来てくださる鉄仲間のみなさんには、いまさら語る必要もないことだけど(すみません)。でも、この8000系だけが走っている最後の牙城である野田線に、今年度中に新型車両が導入されると報じられているから、やっぱり気にはなっていた。


私にとって親しい「東武鉄道」といえば東上線をさす。そんな、かつての「8000系王国」東上線にも8000系はもはや4編成しか残っていないとか。小川町~寄居の区間運転を行う8000系ワンマン車は健在ではある。秩父鉄道へ行く行き帰りに自動放送のおばさん声を耳にし、「びゃんびゃんびゃんびゃん」と鳴る踏切警報機の音を聞くたびに「ああ、東武に乗っているわあ」とちょっとした感慨にふける。なにせ東武も結構好きなんだ。



そのくせ、先日も秩父鉄道の行き帰りに川越市駅で8000系を見かけたり、小川町~寄居間のワンマン車に乗っては、ああ撮らなくちゃと思いつつも、ついついいつでも撮れる気がしてさぼってしまうのが私の常。どうしてもトリアージ(おおげさな)といいますか、やりくりできる時間内での優先順位があるから。秩父>西武>JR>東武、かなあ。おかげで、東上線の原型顔は昔の写真以外は駅で撮った最後の8111編成くらいしか残せていない。そのことはちょっと後悔していたのだ。

一昨日の夜のこと。世間の夏休みも終わりだなあ、とWeb上であれこれ見ていてびっくりした。8111編成がかつてのベージュとオレンジの塗装をまとい、通過標識灯や昔の社紋と形式表示の切り抜き文字を復元して動体保存されることになり、大宮~東京スカイツリーを結ぶ団体臨時列車としては走っていると東武のニュースリリース(PDFファイルです)にあった。これには心底ぶったまげた。

マジですか!? 動体保存!? しかも、原型に近づけて復元!? 最近の東武鉄道、すげえ!




正直に言うと、最近まで東武鉄道のいう「保存」をあまり信用していなかった。長期留置したあげくに解体、というパターンだろうと思っていたからね。でも、東武博物館がリニューアルしたときに5700系を原型に復元したり、近江鉄道へ行ったイギリス・デッカー製電気機関車をピカピカにして展示したりと、思えば最近の東武は保存に関してものすごく力を入れているんだよね。疑ってすみませんでした。

となったら、時期に都合がつくなら行かないわけにはいくまい。それにしても、プレスリリース発表日が8月22日で、運転日が一週間後の8月29日~9月2日とは。沿線の混乱を避けるための措置なのだろうか。鉄道誌には告知が出たのかな。ふつうは、情報解禁日を設けてプレスリリースを事前配布するはずだ。鉄道誌にも記者クラブがあるというし。

そうして初めて乗った野田線でロケハンをして降りた町は、私好みのちょっぴり眠そうな郊外の町だった。「哀愁の町」とは大げさだったけど(一応説明しておきますと、椎名誠の小説の題名のパロディです)、都心へ行く若い女性と自転車で退屈そうに流している男たちがちらほらいて、散歩をする年配の人たちが多く目につく。なんと読んでいいかわからない地名に興味を覚えたり。(※「ふっとの」と読む。由来は知ってびっくり。興味のある人は検索してみてくださいまし)ロケハンして列車を待っている段階は、送り込み回送を撮るには逆光となるポジションでも、有名な撮影ポジションは同業者がたくさんいても、晴れていてとても気持ちがよかった。JRイベントと違いのんびりしていたし、子ども連れ一家や近所のオバちゃんたちが「あたしもカメラもってくるわ!」と何人も駆けつけて来たりして。

ところが、お目当ての8111編成が来る直前から雨。雷も鳴るし。そして8111編成の通過後は雷雨が激しさを増したり。





雷雨のせいではないけど、正直言えば絵的にヘタレですな。それでも、ピカピカに磨き上げられ、通過標識灯や昔の切り文字の形式表記などとても懐かしい。もっとも、私は生まれて物心ついたときには東武電車はセイジクリーム(今の白地に水色と青のラインになる前の、レアチーズケーキやバニラアイス色のことね)だったので、できたらセイジクリームのほうがうれしいんですけどね。でも、本でしか見たことのないベージュとオレンジの塗装を見られて驚きだ。


野田線の雰囲気は気に入ったから、雷雨が来ないときにまた来よう。それにしても、昔のツリカケ式電車の頃はもっともっといい雰囲気だったのだろうな。

【追記】:「ルージュ」って"rouge"ってつづりませんでしたっけ? こういうところも気に入ったんだよねえ、野田線沿線。

0 件のコメント:

コメントを投稿