2012年12月5日水曜日

【秩父鉄道1000系撮影記事】秩父夜祭、1000系も走る

いつもの駅で1000系同士が交換。右が1003編成、左が1001編成
さて、いつもの駅で6000系急行列車を撮ったあともしばらくその場で佇んでいた私。もちろん理由がなく小雨の中を真っ暗闇に立ったりしない。もうすぐ1001編成スカイブルーと1003編成オレンジバーミリオンが交換するからだ。

秩父夜祭の日は運行本数が多い。おそらく1本前の急行とは隣の駅で交換しているはずだ。小雨の中、おでこのライトを輝かせて来た上り列車がスカイブルー。そして、停車中のスカイブルーを照らしながら現れたのがオレンジ。モノクロだからわからないけど(笑)。



御花畑~影森分断直前に、秩父に3編成が集合
途中駅で寄り道しながらたどり着いた秩父には、予想通り標準色1010編成とチョコバナナ1007編成がいた。予想に反してうれしかったのが、標準色がパンタグラフを上げて通電していたことと、先ほどの駅で撮ったオレンジの下り電車が、御花畑の団子坂踏切の架線が撤去される前に影森から秩父まで回送してきたこと。そんな様子を撮っていたら、プラットホームから羊山方向を見ると花火が見えて、ちょっと心が震えた。

もっとも、私の持ってきたレンズでは電車と一緒に写せないし、花火が終わってからでは帰りの電車が混雑するだろうから、花火を見ながら家路についた。

0 件のコメント:

コメントを投稿