2014年9月13日土曜日

【秩父鉄道1980年代】1987年春、塗装移行期のころ

ツートンカラーの502編成(白久〜三峰口)

前回のエントリーで、秩父鉄道の秩父地域開通100周年記念イベントに関連した、謎(?)の「急行リバイバルカラー」について思わず熱狂したものの、私の手元には秩父鉄道300系電車の写真はもう、このブログと旧ブログでお見せしたもの以外には、お見せできるようなものがない。当時、小学生から中学生でいまよりもずっと写真の腕が稚拙だったからだ。

そこで、以前もお見せしたことのあるカットを再スキャンしたので、1987年4月初めの春休み時期(1987年4月3日とポジの箱に書いてあった。フィルムはEN:エクタクローム100)に秩父鉄道を訪問した際に撮影したポジフィルムをお目にかけようと思う。それでも既出のカットが多いことはご容赦いただきたい。

その日は100形と300系電車の動向を知りたくもあり、急行「秩父路」に乗るために、西武沿線在住だったその頃の私にしては珍しく高崎線に乗り、熊谷から秩父鉄道訪問を始めたようだ。当時の時刻についての記録をしていないが、現在でも平日は熊谷9時3分発の下り急行が昼間走る最終の急行(その後は18時発)だから、おそらく8時半頃に熊谷に降り立ったはずだ。現在の平日の急行列車は影森止まりだが、当時は三峰口行きだった。

そして、熊谷駅南口へいたる通路から秩父鉄道の電車を見渡してみて、新塗装(いまでいうところの「チョコバナナ塗装」)への移行がほぼ完了し、廃車予定の100形以外の電車は、この500系電車の(おそらく)1編成を残して新塗装をまとっていたことを知った。

熊谷駅跨線橋より。1000系電車以外は全員集合だ(再掲載)
その頃は1000系電車(旧国鉄→JR東日本101系電車)の増備が着々と進められている頃で、その1000系電車導入とともに黄色に茶帯の新塗装変更が在来車にも進んでいた。廃車予定の800系(元小田急1800系)と500系もこの塗装変更の対象になっていた。そして、急行用300系は茶ではなく紺の帯を締めていることも、このとき初めて知った。インターネットもなく、鉄道雑誌の読者投稿欄程度でしか、首都圏の地方私鉄とはいえ中学生には情報を得ることは難しかったのだ。

いまこの写真を見れば、旧塗装の502編成が出庫準備をしていることはわかる。その頃はそんなことはわからなかった。急行券を買ってホームに行き、まずは100形を撮った記憶はあるけれど、どうして300系やこの旧塗装の500系を側面から撮らなかったのか。その理由はもう記憶にない。そして、300系に揺られて三峰口まで行った道中のこともすっかり記憶の奥底にある。

さらに、急行に乗ることに気を取られているために「500系と100形が下り電車でやって来るうえに、下り方先頭は旧塗装なのだから、三峰口到着後せめて白久あたりまで行けば、そこでその走りを撮ることができる」ことまで考えつかなかったところも、中学生だからしかたないな。

さて、三峰口では乗ってきた300系301編成やのちほどやって来た100形、留置線の1000系電車を撮ってから、白久方面へ線路沿いの道を歩き、築堤上を行く電車を写した。500系も熊谷から出庫してきて、それがまた上り電車として三峰口を出るのを見て、それを撮ろうとしたのだろう。それが冒頭の写真だ。

1000系の増備が着々と進んでいた。1004編成(三峰口)
午後になってからは三峰口から黒谷(現和銅黒谷)まで電車に揺られた。乗ったのは1000系だった記憶はわずかにある。そして、当時はよく鉄道誌で見かけた場所まで行き、行き交う列車を撮ったようだ。曇り空を画面にたくさん入れていることなど、いま見るとなんとも情けないが。
新塗装と旧塗装の混結(黒谷〜武州原谷(貨))
そう、もう26年も前のことなのだ。傷だらけで(この傷は現像時にあり、いまの私ならラボに抗議する)褪色しかかったポジを見ながら、あれこれ考える。この頃撮りたいと思っていた写真は、いまの私は撮れるようになったかな。

0 件のコメント:

コメントを投稿