2016年12月26日月曜日

【LUMIX GX7 Mark II記事】いぜんシャープネスの設定に迷いちゅう


あいかわらず、年内に終わらせたい仕事に取りかかりつつ、どうじにPanasonic LUMIX DMC-GX7 Mark IIのシャープネスの設定見直しを考えている。LUMIXのカメラはいずれも、カメラ内で作り出すJPEGの色のたくみさが好きだ。そう思うと、RAW+JPEGで撮っておき厳密ななにかを要求されない場合は、このJPEGのままでもいいことが多い。もっとも、林檎計算機ユーザーの筆者には、LUMIXのカメラはRAWを現像するのに、カメラに付属するソフトが使えない。そして、Adobe Camera Rawでは、あのJPEGに似た感じにするのがむずかしいのだ。




ただし、Camera Rawを使えば、先日書いたシャープネスと、さらには高感度ノイズリダクションの調整も撮影後にできる。ローパスフィルターレス仕様になったためか、私物では単焦点レンズしか使っていないせいか、単焦点レンズで撮るときは私の好みよりもシャープネスがやや強いと思わせる。そこで、Camera Rawでパラメーターをあれこれいじりはじめると、いかん、やはりNRとの組み合わせも……。先日は夢の中でまでシャープネスをどう設定するかを考えていたよ。撮影時にフォトスタイル内でどう設定しておくかをまだ迷っているのに、決めきれない。

【撮影データ】
Panasonic LUMIX DMC-GX7 Mark II/LEICA DG SUMMILUX 15mm / F1.7 ASPH./RAW/Adobe Photoshop CC(RAW現像)

0 件のコメント:

コメントを投稿