2016年12月29日木曜日

【Nikon D7200関連記事】D7200のピクチャーコントロールのことをあれこれ

ピクチャーコントロール:スタンダードの初期設定
輪郭強調:2、色の濃さ(彩度):+1にして登録
この設定で撮ったもの。AI AF Micro-Nikkor 60mm f/2.8D
先日来より、Panasonic LUMIX DMC-GX7 Mark IIのフォトスタイルでのシャープネスの設定をあれこれ考えていたことはすでに書いた。同時に使っているNikon D7200のピクチャーコントロールことも書いておこうと思う。私自身がときどき思い出しては設定を変えることがあるので、いわばWeb備忘録といったところでもある。

むかしは設定をあれこれ変えていたけれど、この1年ほどはD7200に関してはほぼ一定だ。それは、「ピクチャーコントロール:スタンダード」を基準にして、単焦点レンズを使う場合には「輪郭強調:2.00」、「彩度:+1.00」にして登録した「STANDARD-02」を使うというもの。D7200はローパスフィルターレスになって、初期設定の「輪郭強調:3.00」では私にはやや強すぎると思うから。ただし、高倍率ズームレンズや古いズームレンズを使う場合には、「輪郭強調:3.00」にすることもある。このあたりは臨機応変に変更する。

掲載写真ではむしろ、コントラストを与えたほうがいいかもなあ。

ピクチャーコントロール:ビビッドの初期設定
輪郭強調:2、色の濃さ(彩度):+1にして登録
ビビッドをもとにした設定で。AI Nikkor 20mm f/2.8S
いっぽう、AI Nikkor 20mm f/2.8Sのような古くなってしまった広角レンズで撮る場合には、「ピクチャーコントロール:ビビッド」から、「輪郭強調:3.00」(4.00から一段階減らす)「明瞭度:+2.00」(1.00から一段階増やす)などということも。「明瞭度」は輪郭強調でも、1ピクセル単位ではなくもっと大きい単位でくっきり見せる設定で、空に浮かぶ雲などをめだたせる。明瞭度を非常に強調すると、HDRやOLYMPUSのアートフィルターにある「ドラマチックトーン」や、Panasonicのフィルター設定にある「インプレッシブアート」で撮った空のようになる。「コントラスト」は古いレンズでもじゅうぶんにあるので、やや減らすことが多い。

ピクチャーコントロール:ポートレートの初期設定
明瞭度をマイナスにするとにじむ
また、人物撮影で私が用いるのは、「ピクチャーコントロール:ポートレート」から、明瞭度とコントラストをやや下げた設定。明瞭度はマイナス方向にすると被写体をにじませる。あまり強くにじむのは困るので、−0.75から−1.00くらいが私の好みだ。コントラストもわずかに下げる。また、彩度のほかに色相をマイナス方向にわずかに(せいぜい0.75ステップくらい)調整して赤みをわずかに加えて健康的に見せることもある。やわらかく見せたいものにこの設定を使うことも。

AI AF Zoom-Nikkor 80-200mm f/2.8D ED <NEW>
もっとフラットに撮って、Capture NX-DやAdobe Photoshopで仕上げるのももちろんかまわない。このへんは、各自の使用目的にもよる。列車はでも、くっきり明快に撮ったほうが見栄えがするから。

まだまだ設定に迷ってみようと思う。D7200は0.25ステップずつ調整できるようになったのも好ましい。でも迷ったら、結局は「スタンダード」や「ビビッド」の初期設定で撮るかもしれないなあ。あるいはもっと輪郭強調を弱めて、Photoshopのスマートシャープを使うのもありだなあ、などと考えている(けっきょく完全には定まっていないというわけ)。

0 件のコメント:

コメントを投稿