2011年12月8日木曜日

【富士急1980年代】1988年2月、富士急の雪の日。元小田急2200形

懐かしい写真をお目にかけたい。1988年(昭和63年)2月に訪れた富士急行の写真だ。

確か前日夜に雪が降り、雪景色を求めてどこかに鉄道を撮りに行こうと考えて、行ったことのない富士急を目指したのだと記憶する。当時の私は秩父鉄道300系電車が好きだったので、同型車3100形のいる富士急は大変気になる存在だった。そして、3100形事故代替車として登場し、今はトーマスラッピングが施されてしまった5000形も、日本車輛が国鉄近郊型電車のパーツを組み合わせて作り出した地方私鉄ロマンスカーといった趣が好きだった。
もっとも、この日の昼間の富士急では5700形とJRから乗り入れて来た115系しか走っていなかったのだが。

 お目当ての3100形や5000形がいなかったのは残念で、その後いまに至るまで富士急とはお恥ずかしながらご無沙汰なのだが、この日大変気に入ってしまったのが元小田急車である5700形のうち、非貫通の湘南フェイスの元2200形の存在だ。

2200形が小田急時代に走る姿を見たことはないけど、小ぶりな電車がスノープロウを着けて2連で走る姿はなんとも愛らしく、地方私鉄好きな私はすっかり痺れてしまった。




後年、小田急沿線の某三流大学に通うことになり、相模大野の工場奥に当時は2200形保存車が留置されているようすを毎朝、2600形の急行小田原行きや4000形、5000形、5200形などの急行箱根湯本行き(当時は箱根湯本・片瀬江ノ島行き。例の「中央分割案内板Aを境に、前6両は箱根湯本行きに、後ろ4両は片瀬江ノ島行きになります」な時代です)から2200形を見るのが楽しみだった。思えば、「非鉄」していた大学生の頃は小田急電車もバラエティー豊富な時代だった。

【撮影データ(共通)】
Nikon F-301・Ai Nikkor 85mmF1.4S・フジクローム50(RFP)・三ツ峠~寿

0 件のコメント:

コメントを投稿