2011年12月10日土曜日

【富士急行1980年代】1988年2月、富士急の雪の日。JR中央東線115系山スカ


113系の牙城だった房総半島がいまや走るんです209系に席巻されたいま、抑速ブレーキがついた113系の勾配路線対応型ともいえる115系は東日本では最後まで残る国鉄型車両になりそうな勢いだ。

上越線、信越線、吾妻線、両毛線、中央東線、越後線、弥彦線、そしてしなの鉄道で日々黙々と走り、北陸新幹線開業後の信越線第三セクター化区間でもおそらく活躍することになるだろう。




ただし、予想外の長期の健闘をしつつも貴重な存在として絶滅危惧種ともいえるのが中央東線の山スカ……横須賀色の3連およびM40編成(6連)なのではないか。

今回の写真は富士急を訪問した際に写した山スカをお目にかけたい。いま見ると、JR化後にもまだ大目玉の原型ライトでユニット窓ではなくさらに非冷房の編成がいたんだ! と改めて驚かされる。変わらないのはMT54モーターの渋い響きだけというわけか。

固めの椅子(でも日立A-Trainよりずっと柔らかい)に腰掛け、頬杖をつきながら車窓の田園風景を眺めながら、MT54モーターの聞く。窓の外からは虫の声や蛙の鳴き声も聞こえるし、ときおり踏切の警報器の悲しげな音もする。そこへ車掌の放送が入る「まもなく○×です(ガチャッ)」。

これぞニッポンの電化ローカル線の旅という感じがするのだけど、だんだん窓が一部しか開かないロングシートで自動放送のVVVFのステンレスカーだらけになってきたから……書いていたら乗りにいきたくなっちまった。

0 件のコメント:

コメントを投稿