2012年1月15日日曜日

【KIEV-6S関連記事】千代田線綾瀬支線に乗る

この顔を久しぶりに見るのもうれしい
東京メトロの電車に乗って「ローカル線な感じ」を味わうことはなかなかできない。でも、そんな路線を強いて挙げれば千代田線の綾瀬~北綾瀬間の支線を挙げることができるだろう。なにしろ、3両編成の電車で、しかも、大変珍しくなってしまった電車がのんびり一駅の間を往復しているのだから。おまけに、ワンマン運転だ。

12月のある日、我が子と乗り鉄おでかけをすることになった。都心に行ったついでだったので、都電と舎人ライナーに乗って舎人公園へ行くことを考えた。そのときに思い出したのが北綾瀬の支線のこと。

私が以前乗ったのだって考えたらもう20年くらい前のことだし、いま走っている電車は6000系試作車か東西線で活躍していた5000系アルミ車なんてレアものだ。どっちが走っていても珍しいのだし、行ってみようかな、と。



この日持っていたカメラは久しぶりのソ連製ブローニー一眼レフKIEV-6S。レンズは標準のMC ARSAT-C 2.8/80だ。ダーチャ滞在中に「KIEVを使いたいなあ」という思いを膨らませていたので、思い立って持ち出してみた。子ども相手の手軽なお出かけだから、標準レンズ一本で十分だろう。 私のKIEVはスクリーンを交換してあるので、ファインダーの中は冬の光が満ちあふれていて大変明るい。子どもを時々立たせて写してみる。ピント合わせという行為も楽しい。
こういうカットで内面反射してしまうのが困るなあ

でも、久しぶりのフルマニュアル機では自分の視神経と動体視力が衰えているので、千代田線のそばを時速100キロで飛ばす常磐線を撮るのだけはなかなか追えなかった(我が子に「じょうばんせんのでんしゃをとって」と頼まれた)。 

北綾瀬まで行き、降りてメトロの車庫が見える跨線橋へ行く。15000系と6000系がいて、小田急4000系も並んでいる。JR203系の引退には間に合わなかったとはいえ、千代田線はいまが車種が豊富でおもしろいなあ、などと考える。 

日向で昼寝するネコに声をかけて千代田線散歩は終了。北綾瀬駅でスカイツリーと電車を一緒に写して、運転席直後に乗り込む。高架線をのろのろ走る様子がなんともいい。しかも、この5000系って抵抗制御のままなのではないかな。なんとなく秩父鉄道を走る元都営三田線6000系(秩父5000系)を彷彿させる走行音がする。

モノクロームをつめたスクエアフォーマットで鉄道を撮ると非常に作家的な気分になるのだと、現像してみて気づいた。35ミリ版やAPCのデジタル一眼レフのように戦闘的に撮れるものではなく、12枚撮りのフィルムで考えながら撮るからか。頭の体操になるね。 ARSATは精密な描写で、プラナーのような滑らかさはないから鉄道を撮るにはいいのかも。
右の木立の隣に「東京天空樹」が見える

ただ、逆光対策はしていてもどうしても逆光には弱い。これだけは気をつけないといけないね。フレアを積極的に利用するつもりで撮りたい。

 【共通データ】KIEV-6S・MC ARSAT-C 2.8/80・F8~11・1/250~1/500sec.・ILFORD XP2 SUPER

0 件のコメント:

コメントを投稿