2012年10月5日金曜日

【秩父鉄道1000系撮影記事】センガタン、夜を照らせ!

山の麓の駅で眠る1010編成と、入れかえ作業中の1003編成
先日の横瀬行きのあとの秩父鉄道訪問の目的は、実は1000系1007編成チョコバナナの動向を知りたかったからでもある。ただ、その日は台風接近を考えて(子連れだったし)広瀬川原や熊谷に寄らずに寄居で乗り換えてしまったので、チョコバナナには会えなかった。 いや、検査期限の10月だから実質的に運用離脱というか、予備車的な扱いなのではないかな、とは思っている。日曜日に撮影された写真を他ブログで拝見して、そのあと水曜日に熊谷を通っても1007編成は熊谷駅で同じ場所に寝ていたところを見ると、どうもそんな気がする。(確実な情報ではありませんからあしからず。その後動いていたらラッキーですね)

とはいえ、1007編成以外の1001編成(スカイブルー)、1003編成(オレンジバーミリオンII)、1010編成(標準色)はがんがん走っている。この日も寝ている1007編成を含めて4本すべてに遭遇したから。

いつもいつも同じ写真ばかり撮ってしまうけど、借りているカメラの高感度画質がいいので、積極的に夜間撮影を試みてみた。子どもの頃に見た「レイルマガジン」のグラビアページや、「鉄道ファン」写真コンテストの入選作品で夜に撮影された写真を見るたびに、どうやったら撮れるのか、どういうカメラがあれば撮れるのかと思っていた。いま思えば、三脚や高感度フィルムがあれば「撮影自体」は難しくはない。もっとも絵にするには、いまでも思い悩むほどのセンスが求められることは、いま思い知りつつありますが。




せっかく狙って撮った夜の写真も、ヘッドライトにやられて何が写っているかわからない写真になったり。でも、ISO3200や6400が平気で使える画質というのはやはり驚いてしまう。レンズを少し絞ることができるのもいい。夜の撮影に関しては新しいカメラにはかなわないね。

乗客は自分を入れて3人程度。でも定時に出発する。
頻繁に通っていた夏から一か月くらいのあいだで、日没が早くなり秋のやってくる足音がどんどんはっきりしてきた。山の麓の駅で電車を待っているのも少し寒いくらいだ。でも、虫の声ばかり聞こえる夜のあの雰囲気を思い出すたびに、また出かけたくなってしまう。

0 件のコメント:

コメントを投稿