2015年12月16日水曜日

【東武東上線PETIT撮影記事】フライング(東上)・ゲット


あれは、南栗橋の東武ファンフェスタの前日のこと。東武東上線が好きだと言いながらもたいへん受動的な私は、そもそも東武ファンフェスタのこともノーチェックで、秩父鉄道への行き帰りに東武東上線に乗り、坂戸と森林公園では「フライング東上塗装の50090系50092編成はいるのに、8000系8198編成は東上線かいわいにいないなあ」などとぼんやり考えていた。途中、駅のポスターで東武ファンフェスタの開催を知り(数年前もそうだった。前日に知り、当日にはすでに予定を入れているので参加できない)。50092編成は南栗橋に行かないんだなあ、などと能天気なことを考えていたのだ。



よく考えれば、秩父鉄道を回送するなら8000系のほうが、秩父鉄道ATS搭載の2R車を先頭にして自走でき、編成も短くて簡単だ。たぶん。

だからその帰り道に、フライング東上塗装の50092編成の快速急行に乗ることができるとは、まったく予想していなかった。そのうち見かけることもあるかなあ、というつもりでいたので、私にとっては「フライング・ゲット」といったところ。いやもちろん、11月末にデビューしたことは知っていたけれど!





車内には東上線の歴史を記した写真が貼られていた。外観はなかなかかっこいい。クモヤ……ではなくて、フライング東上号の塗装を模したラッピングは50090系電車によく似合う。ヘッドマークとの色合いもいい。正面のブラックの部分のラッピングはいらない気はするけれど、まあいいか。正面のブラックファイスがないとクモヤっぽさ……んーん、なんでもないです。とにかく、気にいった。そのうち走りを明るいうちに撮りたくなった。

それにしても、東上線の快速急行はTJライナー料金が不要なので、秩父帰りに遭遇するとうれしいね。

0 件のコメント:

コメントを投稿