2016年2月9日火曜日

【ロシアレンズ記事】『運命の皮肉、あるいはいい写真を!』Lomography + ZENITコラボレンズ「New Jupiter 3+ 1.5/50」のこと

New Jupiter 3+ 1.5/50
FED-Zorki (1949年モデル)にも似合う

■ Jupiter-3 1.5/50 復活!
 先ごろ、ロシア製ライカスクリューマウント(L39マウント)の20mm超広角レンズRUSSAR(ルサール) MR-2 5.6/20の復刻版「NEW RUSSAR+ 5.6/20」が、Lomography + ZENITのコラボレーション製品として発売されたということを記事にした。その際にいろいろ調べていると、ZENIT(S.A.ズヴェーリェフ名称クラスノゴールスク光学機械工場 略称「KMZ(カーエムゼー)」)はいまや各種旧レンズ製品を復刻再生産していることを知った。M42スクリューマウントだったMC HELIOS-40 1.5/85(ロシア語ではGELIOS)や、MC APO TELEZENITAR 2.8/135のニコンマウントを作るなど、なんというかもう……russophilia(*1)な私にはうれしくなるような製品がたくさんある。同時に、いくらリバイバルが流行しているとはいえ、古いものばかりあることを手放しでよろこんでいいのか、いささか気にはなったが。
 そのさいに、どうもLomographyからはほかにもライカスクリューマウントレンズが復刻されるような記述を見かけていたので、もしかしたらとは思っていた。それがこんなに早く姿を現すとは。それがJupiter-3(ユピーチェル・トリー) 1.5/50の復刻版「New Jupiter 3+ 1.5/50」だ。ご縁があってデジカメWatch(インプレス)に記事を書いたので、合わせて参照してもらえるとうれしい。ここでは、もう少し(あいかわらずの)チラシの裏について記そうと思う。


■『運命の皮肉、あるいはいい写真を!』
 この表題はソビエト時代に作られた大人のラブコメディー映画『運命の皮肉、あるいはいい湯を!』(Ирония судьбы, или С лёгким паром!より。この映画は1975年に制作され、1976年元旦に公開されて以来ずっとロシアで年末年始にテレビ放送がされている。年末年始の恒例の映画になっているようだ。筆者は学生時代にさんざん授業で見せられた。かんたんに物語を話すと、下戸でお人よしなモスクワ在住の主人公ジェーニャが、大晦日に友人たちとバーニャ(ロシア風サウナ)に行き、そこで飲まされて酔いつぶれる。さらにはまちがえられてレニングラード行きの飛行機に乗せられてしまう。レニングラードの空港で目覚めたジェーニャは、自分はモスクワにいると思い込んだままタクシーで「自宅の住所」に運ばれる。でもそこはレニングラードなのに、モスクワにある通りの名前と番地(第三建設者通り25号棟12号室)も建物も、家具もみんな同じ規格型住宅だった。おまけに自宅の鍵も使えてしまう。酔いがさめないまま「自宅」に入って寝入る。そこへヒロインであるナージャが帰宅してきて大騒ぎに……というもの。年末年始のおとぎ話でもあり、当時の社会風刺を感じさせて、いまでもロシアの人々に愛されているという。ある程度以上の年齢のロシア語を母語とする人たちと付き合うならば、知っておくと親近感を抱いてもらえる。この頃のポーランド人女優バルバラ・ブリルスカがとてもかわいい(*2)。
 えーと。映画の話はともかくとして。ソビエトにおいてライカスクシューマウントレンズは、思うにこうした「長いこと定番の製品」という扱いだったのだと思うのだ。さらには、ソ連崩壊後にはそのほかのソ連製品同様に「ダサくて古臭い」と思われていた(*3)。

■「ロシア」に求められるものは「共産趣味」アイテムなのかも
 ところがソ連崩壊から25年もたつと、こうしたダサくて古臭いソ連製品のなかには、すっかり「レトロで魅力的な商品」になったものがあるというのも、じつにアイロニーに満ちてはいないだろうか。社会主義時代(とくに、1970年代の停滞の時代とよばれたブレジネフ時代)には耐久消費財の生産が抑制されたために、試作された改良品が結局は登場しなかったものは少なくないのではないか。というのも、おそらくは製造コストがかかりすぎて、売価が高くなりすぎると判断されたのだろう。そういう理由でやむを得ずに長いあいだ作られ続けた製品はたくさんある。ほんらい、ロシア人の発明したものは気宇壮大で、革新的なものがたくさんあるというのに。

 とくにこのJupiter-3はなにしろ、かのSonnar 1.5/50がそのルーツだ。ヤルタ会談の際に取り決められたドイツの戦後補償を名目に、ソビエト占領地区からはさまざまなものがソビエトへ持ち去られたようだ。光学製品に関しても同様で、イエナから工場設備と原材料、技術者にいたるまでソビエトに運び込まれた。Jupiter-3はそこから再設計され、メーカーを変えながら1988年まで作られ続けたレンズだ。こういう経緯のものが復刻されるなんて、という驚きもある。やはり、時代に翻弄されたレンズにとっては、運命の皮肉であるなあとも。

 あたかも、イタリア・フィアット124のソビエトライセンスバージョンである国産車ジグリや、アメリカのB-29爆撃機をコピーしたツポレフ4爆撃機を改良して、二重反転プロペラのターボプロップエンジンを積んだ長距離戦略爆撃機ツポレフ95が、ソ連崩壊後25年もたった2016年に再生産されるとか、そんなふうに思えた。

いちばん左がNew Jupiter 3+
■「原稿は燃えないものなのです」
 とはいえ、クラシックバレエやクラシック音楽はもちろんのこと、かの「ばったり倒れ屋さん」という意味の、正体不明の動物が主人公の人形アニメの日本における流行も同じようなものか。ソビエト時代からこれだけ時間がたてば、いまやロシア人自身にさえこれらがノスタルジックで、商品価値があると思えるようになったのだろう。あるいは、売れるものならなんでも売ろうという、ものすごい合理主義であるとも。商売上手にもなったともいえなくないか。でも、きれいにまとめるとですね。名作は時代が変わってもその価値は残り続けるということ。やはり「原稿は燃えないものなのです」(*4)。

 さて、New Jupiter 3+の写りはにじみとぼけがとてもレトロでおもしろかった。背景のぼけにはくせがあり、糸巻き収差もある。周辺光量落ちも大きい。このあたりは「そういうもの」と思って使いたい。ゆがまずに絞り開放でもきちっと写るデジタルカメラ対応レンズはたくさんある。New Jupiter 3+はいわば、レトロな写りを楽しむための趣味的なアイテムだ。

それでもマルチコートが施されてあざやかな発色になったこと(半逆光でのフレアの出方はあいかわらず)、最短撮影距離が1mから0.7mにまで短縮されたことはとても素晴らしい。使いやすくなっているのは好ましく、この点は単なる復刻版ではない。真鍮外装になったこともすり傷がつきにくくなってありがたい。そしてなによりも新品で買えるので、安心できる人も多いだろう。







 さらに私がうれしかったのは、青いスタンプとボールペンで書かれた保証書の存在だ。カメラやレンズの保証書だけではなく、いろいろな証明書を思い出させるから。そもそも「New Jupiter 3 +」という「ニュー」「プラス」という名称だって、ソ連崩壊直後にはやった言い方なのだ(よく考えたら、このブログの名前もそういう意図だった!)。こういうところをおもしろがるのが、じつに「共産趣味的」(懐古趣味)ですなあ。

 「歴史は遠目の美人」(遠くから見たら美しい、遠い過去のことならば美化される。ということ。性差別的な意図はございません)というセリフもどこかで読んだことがあるし、これもまたロシアナショナリズムの高まりのひとつの現れだと考えるとなんともアレだけど……とにかく、冷戦が終わってよかった。平和な世の中だから、こうして共産趣味も楽しむことができるのだし。

この保証書はうれしいなあ
*1 russophilia(ルソフィリア):ロシアびいき。どう考えても私はそうだ。ただしかの連邦政府が好きなわけではないので、あしからず。

*2 この頃のポーランド人女優バルバラ・ブリルスカがとてもかわいい:(Barbara Brylska)ロシア語綴りだと「ブルィリスカ」もしくは「ブルィリスカヤ」(Барбара Брыльска)。こういうひとを、「きれい」ではなく「かわいい」と思うようになったところが、アラフォーだ。大学生の頃に見たときには「大人の女性だなあ」と思っていたのにね。

*3 ソ連崩壊後にはそのほかのソ連製製品同様に「ダサくて古臭い」と思われていた:ウクライナのロシア語作家の小説『ペンギンの憂鬱』(アンドレイ・クルコフ 沼野恭子訳 2004 新潮社)には、1990年代のキエフの様子が描かれていて、作中でソビエトの国産車『モスクヴィッチ=コンビ』(1973年から1997年にかけて作られていたイジェフスク製モスクヴィッチのIZh-2125「コンビ」)のことを「『カッコいい』男なら絶対乗りたがらない車」とある(ソビエト初のハッチバック車だという説もある。でもまあ、たしかにカッコよくはないな)。なお、こうしてみんなが古くてダサくてカッコ悪いと思って使わずに放置されていたカメラやレンズを、目端の利く連中が二束三文で買い集めて国外に売りまくった結果、日本をはじめとする西側でロシアカメラブームがやってきた。だから、あの頃の中古品はカメラではなく「古物」だ。手に入れてそのまま使えるほうが奇跡的だったのだとさえ思う。

*4「原稿は燃えないものなのです」:ミハイル・ブルガーコフの長編小説『巨匠とマルガリータ』の有名なセリフ。1920年代のモスクワに現れた悪魔ヴォラントがいう。災いをもたらすことも庇護もしてくれる悪魔ヴォラントはメフィストフェレスなのだそうだけど、おそらくスターリンを意識して書かれ、あっ、もしかしていまだとウラジーミル・ウラジーミロヴィチくぁwせdrftgyふじこlp8(←冗談です。いまのは本心ではありません)

0 件のコメント:

コメントを投稿