2012年1月16日月曜日

【KIEV-6S関連記事】レッドアロークラシックを撮る

モノクロームで撮る夜の雰囲気はいいよね

KIEV-6Sで撮るモノクローム第二弾は、西武鉄道のレッドアロークラシック10000系10105編成を撮影したようすをお届けしよう。 この列車は私がデジタル一眼レフに望遠レンズといったヤル気まんまんな装備を提げているとなかなか出会わないのに、カメラを持たないときや走行写真を撮りにくい装備や状況のときにはわりとよく遭遇するという、「私を泣かせる」電車でもある。
横から見たら懐かしの初代レッドアローみたい

 KIEVを提げて歩いたそんなある日の夕方、池袋駅でレッドアロークラシックに出会った。フィルムはモノクロームのイルフォードXP2スーパーで、モノクロだと自慢の赤い帯がわからないよ、とは思ったけれど、前からKIEVでも写してみたいと思っていたのだから、むしろチャンスだと思うべきだろう。 



久しぶりのKIEVは気をつけないとブラしやすい、なんてことはすっかり忘れていたけど、標準レンズであれこれ構えてみるとやはり楽しい。駅ならISO400でもなんとか撮れる。
画面内に動きや動作があるタイミングを狙ってしまう

いくら暗くてもここでストロボを使うのはナンセンスだ。F4・1/30秒でたいていは写る。 ブローニーのフィルムカメラだからね。バカみたいに撮りまくってはだめ。狙いを定めて慎重に撮る。

巻き上げる時間は気は焦るけど、被写体をじっくり観察する時間だ。ブローニーのカメラは慌てて乱暴に巻き上げてはいけないから。あくまでもじっくりコトコトと「焦がさないように弱火でじっくり煮込む」くらいのつもりでいよう。 
すべての編成をこの塗装にしましょうよ、西武さん!

数分間に2カットほど写しているあいだに、発車時刻が近づいてきた。運転士が運転席に乗り込み、駅員が発車の合図を鳴らそうとしている。これはまたチャンス到来。駅員が腕を上げた瞬間を狙った。 数分間の駅撮りでも楽しませてくれたKIEVとクラースナヤ・ストレラー・スターラヤいやちがったレッドアロークラシックは実に楽しい。今度は昼間の秩父線で撮りたいものだ。

 【共通データ】KIEV-6S・MC ARSAT-C 2.8/80・F4・1/30sec.・ILFORD XP2 SUPER

0 件のコメント:

コメントを投稿