2012年1月19日木曜日

【KIEV-6S関連記事&秩父鉄道リハビリ鉄記事】デキ102+108の登場!

デキ102がデキ108を牽引して広瀬から出場
オレンジバーミリオンIIと大麻生で交換する列車が遠くから見えて来たとき、あれ、と思った。

水色の車体でヘッドライトが一つ灯っているから。 ご存知の通り、熊谷~武川には普通は貨物列車が来ないのでデキが走ることは少ない。

パレオエクスプレスを広瀬川原からの出入庫時に牽引する緑デキことデキ201はSLシーズンに熊谷~広瀬川原で見られるけど。

広瀬川原から武川のあいだは、広瀬川原で検査を受けるデキが行き来する程度だろうから、簡単に出会えるとは思っていなかったのだ。
逆光だと痺れるほどカッコいい

しかも、ポジをつめたソ連製120一眼レフKIEV-6Sを持っている日に出会うとは。おまけに、デキのうちでもクラシックさが最も好きなデキ102と108の組み合わせで出会えるとは!



デキ102+108は大麻生で一度停まり、ゆっくりと走り出した。ツリカケモーターの重低音が唸る。目の前をゆっくり通過する様子に、ブローニーの一眼レフであることを忘れて興奮しながら連写する私。KIEVだってこういう用途に使えるのだ。オーバーホール済みだからね。
ひさしつきデキ108もほんとうにかっこいい

逆光で見るデキはかっこいいけど、デキ108なんてもう外板もけっこう傷んでいるんだね。こんどはこいつを茶色にするのはどうですか? 青のままでデキ107+108重連なんていうのも見たい。ずいぶん勝手なことを思う私。
あっという間のデキごとだった

デキはゆっくり加速して武川へ向かって行った。オレンジバーミリオンIIとデキの交換とはいいものを見てしまったなあ。

【共通データ】KIEV-6S・MC ARSAT-C 2.8/80・F8~5.6・1/500sec.・RVP100

0 件のコメント:

コメントを投稿