2013年8月21日水曜日

【秩父鉄道1000系撮影記事】夏の夜の夢。センガタン1001編成&1010編成交換!

夜の電車は光のかたまりみたいで素敵だ
 先日は秩父鉄道で、もはや貴重な国鉄型である1000系電車6連(スカイブルー1001編成+オレンジバーミリオンII1003編成。以下、それぞれスカイブルー、オレンジと略)による臨時電車が走った。たいへん盛況だったようで、いつもお世話になっているおっとっとさんによるレポートを拝見し「ををを! こりゃあ長いぜ!」 とシビれるばかりだ。


というものの、この日は残念ながら沿線に繰り出すことができなかったのだ。こればかりは仕方ないとはいえ、なんともモヤモヤした気持ちもいかんともしがたい。

だから、というわけでもないけど、高崎線沿線のダーチャに出かけたある日の夜、秩父経由で帰宅したときに運よく夢のようなシーンを見ることができた。
熊谷に日没ごろ着いて、さてどうしようかと留置線を見ると、臨時幕を出したままのオレンジは撮りにくい高架下で昼寝中だった。そこで、とりあえずやって来た下り電車(7500系)に乗ったら、石原で上り標準色1010編成(以下、白と略)と交換。なはあ(´Д` )。

うーん、まいったなこりゃあ。どこかで撮りたいけど日没だしなあと、思いながらもついうたた寝してしまい、結局はいつもの山の麓の駅まで乗った。でも、ここで待てば少なくとも二本目にやってくる下り電車は白のはずだ。

そうしたら、なんと次の下り一本目に予期せぬスカイブルーのこ降臨と相成った。でも、予想していなかったものはうまくは撮れないものですな。コンビニに行ってのんびり腹ごしらえしてましてね(苦笑)。

そこで、とにかく白を待ってみた。駅の周りをうろついたり、夜の路地や留置中のデキとかねこを撮りながら待つことしばし。まずは羽生から予想通り白が折り返してきた。

白とスカイブルーがまさかの交換
 いいぞいいぞ。と思いつつ交換待ちの様子を眺めていたら、上り電車にはなんとスカイブルーがやってきた。センガタン同士の交換だ!

ああ、これは夏の夜の夢か。月明かりの照らすなかで電車はそれぞれ発車していき、レールのジョイント音がやがてこおろぎの鳴き声にまぎれていくまで、夢中でファインダー越しに追い続けた。
ホームの明かりで前後の顔が照らされる瞬間を待った

0 件のコメント:

コメントを投稿