2013年8月13日火曜日

【Nikon1関連記事】Nikon1を試す(その1)

f4.5まで絞っているので中心部のピントはなかなかのもの。
四隅は流れる。RAWで撮って周辺光量を多少落とした
 この夏は写真趣味活動は残念ながら低調だ。あまり体調が思わしくないので、こればかりは仕方ない。気長に待つことにするほかない。

そんななか、自分の気持ちに渇を入れるべく、あるいは、ありあまる好奇心を満たすべく、新たな機材を導入した。ニコンのミラーレスカメラであるニコン1 V1薄型レンズキット黒だ。

ここまで書くだけで、カメラにくわしいお仲間のみなさんが「え!」という戸惑ったような顔をするのが見えるような気がするな。
正直言えば、ニコン1シリーズにはあまり関心はなかった。ミラーレスカメラならオリンパスペンEPシリーズが好きだし、使いたいレンズもいくつかある。パナソニックもレンズに興味があった。センサーサイズやデザインならソニーNEX-5シリーズが好きだ。

直近ではキヤノンEOS Mのベイブルーがかわいいと思っていた。ニコン1シリーズが眼中になかったのは、センサーが小さいし値段が高いから。なのにニコン1 V1を選んだのは、V2が出て大幅値下げされたことと、既存のソフトやバッテリーが共通化できることにつきる。だから「それならまあいいか」というノリだ。

思えばある意味では究極の選択だったかもしれない。EOS Mは高感度の画質は最高にいいけど、動作がモタモタ。ニコン1はAFや動作がサクサクだけど、高感度がダメ。私はやはり、自分がトロいぶんカメラはサクサクしてほしい。

V1は本体ではレンズゆがみ補正は行わない。
これはゆがみ補正前。輪郭強調は1段減

ニコン1 V1はもうディスコンになったカメラだからいまさら指摘するのはおかしいけど、操作系が変だとか、画質がノイジーでコンデジレベルであるとか、デザインが微妙とかさんざん叩かれていたのはみなさんご承知のとおり。確かに操作系は変だ(-_-)が、さいわいV2でそこは改善されている。私としては、マニュアルフォーカスを選ばないと電子ビューファインダーでも背面液晶でも拡大表示ができないことと、カメラ内RAW現像がてきないのは残念だ。

だけど私はV1のデザインはシンプルで好きだった。私にはV2は一眼レフのできそこないみたいに思える。そして前述のとおり、V1は電池がD7000と共通なのは便利だし、RAW現像ソフトが同じというのもいい。工夫すれば一眼レフと同じクオリティの絵にできるかもしれないと思うからだ。これは単に、私にはCapture NX2が使い慣れているだけだ。厳密に言えば、Adobe Lightroomなどのサードパーティのソフトにすれば、メーカーを変えても同じ絵になる。

動作は評判通りにわりと軽快だ。シャッタータイムラグはあるけどそれでもサクサク撮れる印象を損ねない。オートフォーカスはけっこう優秀だし、フォーカスポイントの切り替えもしやすい。電子ビューファインダーも見やすい。あれほど嫌っていたのに電子ビューファインダーばかりを使うほどだ。晴天の日中光の下では背面液晶は見づらいことがある。エレクトリックシャッターでの無音での連写も、たまに使うと便利だ。

肝心の画質については、まだまだ試しているところ。最初の印象は「ディスコンの製品だからやむを得ないとはいえ、厳しくいえばコンデジレベル」だった。28ミリ相当の10ミリレンズでは近接してもまりボケないし、なんだか線が太く、前評判の通りノイジーだと思っていた。ところが、RAW現像時にピクチャーコントロールの輪郭強調のレベルを下げてみたら、実はピントは1点にしか合っておらず、輪郭強調でかなりくっきり見せていることがわかった。これは私にはうれしい。被写体の前後の緩やかなボケが立体感を醸し出してくれるからだ。そこで、カスタムピクチャーコントロールを作り、輪郭強調のゲージを下げてみた。この設定でもうしばらく試してみようと思う。

古い1型センサー機なので、昨年から流行り始めたAPS-Cサイズや35ミリフルサイズの高級コンデジにはかなわなくても、そこそこ立体感が表現できるなら(コンデジ風にパキパキしないなら)ありがたい。いまは絵作りのそういうセッティングを見つける最中だ。【続く】

0 件のコメント:

コメントを投稿