2013年8月29日木曜日

【Nikon1関連記事】「意外とよくて、意外とヘタレ」

センサーサイズが小さいせいで絞りを開いても被写界深度は深め
 Nikon1 V1はなかなかおもしろい。なにごとも経験してみないとわからないものだ、と改めて思う。

以前から、仲間うちでどのミラーレス機が使いやすいか、という議論をするなかで「Nikon1シリーズの動作は結構いい」という意見も聞いていたのだ。画質をほめている人はいなかったけど。実際にNikon1 V2を業務に使っている人も知っている。私にとっては動作のよさというのは結構重要な要素だ。少なくともデジタル一眼レフ(以下、一眼レフと略)ではかなり重視する。



そもそも一眼レフばかりを使い、しかもエントリーモデルを使わないのは、私がスカしているからではなく、動作がもたつくこととAF動作が気に入らないことが多いからだ。小さいサイズと絵は魅力的なのだけど。残念ながら一眼レフの場合、ボディサイズが小さくなると位相差AF用のサブミラーも小さくなり、受光できる量が少なくなれば結果的にAF精度はフラッグシップに及ばなくなる。中央にしかAF測定点がない機種があるとか、左右の測距点の精度が高くないのはそのせいだ。昔の、測距点が手動で選べないエントリーモデルのデジタル一眼レフでは運動会の徒競走が撮れないということもありました。手前の石灰のラインのほうが、色のコントラストが高くてそちらに合焦してしまうということらしい。

いま、位相差AFだけを使うのではなく、ライブビューによるコントラストAFのアルゴリズムを工夫するとか、位相差とハイブリット方式のAFなどが生み出されつつある。「小さいカメラのAFはいまひとつ」というものが解消されていけばいい。
西武に残る新101系最後の黄色&前パン奇数クモハ

余談だけど、日本の「カメラ好き」(特に「ガジェット好き」とほぼ言い換え可能な人たちをさす)はやたら小さいカメラを好むけど、あの人たちはキーボードと机の上にあるもの、お値段の高い自転車で出かけて行った記念写真以外に写真を撮らない人たちだと思う。彼らが評価するカメラが私にはたいてい気に入らない。他人の趣味に口出しするのは下品だし、失礼を承知であえて書く。というのは、日本のメーカーのカメラづくりがこの人たちの好みだけで進まないでほしいと思うから。

デジタル一眼レフの黎明期はともかくとして、普及価格の製品が出始めたときに私がニコンD70を選んだのは、ニコンマウントだからというよりも、わりと動作が機敏だったから。たとえば、初代キスデジの絵は魅力的だったけど、少しもたつくカメラだった。とはいえ、昔は起動時間や書き込み時間、メニュー動作がワンテンポ遅れるデジタルカメラは珍しくなかった。D70は確か、画像の読み書きのアルゴリズムを推奨メディアとのあいだで工夫したのだった。

コンデジなら、いまでもまだ待たせるものはあるけどね。使用しているプロセッサーと積んでいるメモリーの容量にもよるし、コントラストAFの原理(ピントのピークを探して前ピン側と後ピン側にそれぞれ動く必要がある)からしても止むを得ないところもある。

ミラーレスカメラのことを私は基本的には、レンズ交換のできるコンデジとみなしている。つまり、正直言えば期待値がいまひとつだったのか。そう思うと、動作の機敏さがいまひとつでも、あまり文句もなかったのかも。

そういう目でNikon1 V1をいじると、予想よりはサクサク動くかなあ。あまり過度な期待はしてはいけない。AF合焦速度はまあまあ。位相差AFをイメージセンサー内に仕込んでいて、わりと高速処理をする画像処理エンジンを搭載するだけあって、2年前のカメラではあっても「ぱぱっ」という感じでAFが合う。暗い場所で迷うこともあるけど、エントリー一眼レフに暗いズームレンズをつけた時の、あの絶望的な迷い方にくらべたら、「ちょっと迷うかも」という程度。ただし、私は単焦点レンズしか用いていないから、ズームレンズでの動作はわからない。

AFは合うのでいいけど、レリーズして最初に切れるまでのタイムラグは大きくて、そこは困る。ただし、連写モードにしておいて次々にレリーズできるところはいい。常に連写モードにしておいて、迷ったらどんどん撮ってしまうというスタイルでいるといいだろう。

いま高価な高速なメディアを使っていない私が言うのもナンだけど、RAW+JPEGで連写すると、少し待たされる。ちなみに、高価な高速メディアを私が使わないのは、メジャーなサ☆ディスクのSD/SDHCカードの書き込みロックスイッチの壊れやすさにうんざりしたから。トランセンドのほうがよほど壊れない。安いSDHCメモリーカードで認識できなくなったこともあるから、あまり怪しいものも勧めない。

意外とよくて、でも意外とヘタレな感じがある、というのが正確なところかな。一眼レフとは違う使いこなしのテクニックがいるということだろう。私には予想外に気に入るところがあってうれしい。絵も、もしかして私は「画質へのこだわり」がそれほど高くない人間かもしれないが(ノイズレスよりもノイズがあっても解像感を塗りつぶされないほうを選ぶ)、デフォルトのパキパキしすぎる輪郭強調を抑えて、ゆがみとビネットの調整する程度で十分だ。コンデジより真剣に撮れるのはありがたい。

ゆる鉄レイルマン氏が、TwitterかどこかでNikon1 V2のことを「もう少し大きくなっても構わないから、ニコンの一眼レフと同じメニュー構成や操作性にしてほしい」とつぶやいていた。それは同感するところもある。一眼レフのカンペキなサブ機になりうるカメラは魅力的だ。あんまり追求しすぎると一眼レフの存在価値はなくなるけど、もう少し「ニコンの一眼レフのサブ用途」になりうるカメラは頑張ってほしい。

0 件のコメント:

コメントを投稿