2013年9月6日金曜日

【JR東日本211系PETIT撮影記事】さよなら高崎線211系

「アリコベール」という文字で背景は上尾だってわかりますね
ぼんやりしていたら、いや、知っていたけどちゃんと撮らないでいるうちに東海道線や房総、宇都宮線から撤退し、いまや長編成では高崎線でちょろちょろ走る程度になってしまったJR東日本の211系。長野地区や今後の中央東線では走るようだけど、ほとんどちゃんと撮らないままだった。
ヨ231の走ルンです湘新特別快速で追いついて後追い
そういう電車はたくさんある。というのは、自分にとっては国鉄民営化の頃の電車はまだまだ「新しい」と思っていたから。いまいったい何年よ。昭和88年? おーっと! 昭和60年(1985年)に登場した電車ならもう25年以上経っているのか! 私の脳内電車図鑑、アップデートされなすぎ!

唯一撮った平屋サロの写真がこんな。ダーチャ滞在中にて
そんなわけで、一昨年から高崎線沿線に出るたびに気にはしていたのに、まともな列車写真がほとんどない。こいつをちゃんと撮るためにオカフカまで行くか? と言われたらたぶん行かないから、自業自得なのだけど。たしかに、乗ろうと思って待っているときに来ると、どっしりした走りやしっかりした座席はヨ231とか233より素敵だけど、実際にはくたびれてきた印象もある。
「ダーチャ」から秩鉄に行くついでに撮った
先日、一応カメラを持って高崎線沿線「ダーチャ」(ロシア語「別荘」。「バリニッツァ」とか「ゴシピタリ」っていう言い方もある)の「ドクトル」を尋ねた際に、たまたま高崎線130周年記念ラッピングトレインに遭遇できたので、少しだけ撮ってみた。でも、なんでエ☆ァンゲリオンのNERVのマークみたいなのだろう(苦笑)。気のせい?
ダーチャ至近の踏切にて
電車の窓越しに大宮工場での姿

0 件のコメント:

コメントを投稿