2013年9月18日水曜日

【JR中央緩行線・鶴見線1980-90年代】あの頃は103系がいた

中央緩行線を103系低運転台車が走っていたことを思い出すのも難しい
ふと国鉄103系のことを思い出した。私は第1次オイルショックの頃の生まれなので、103系という電車は物心ついてから首都圏の国電区間でもう飽きるほど見てきた電車であり、カッコいいとか好きだとか考えたこともないくらいありふれた存在だった。


でも、確か幼稚園の頃にATC搭載高運転台車をカッコいいと思っていたと思う。その頃は高運転台車は新車だったはず。いまの小さい子がE233を見てカッコいいと思うようなものだろう。我が子と中央快速線のE233系を一緒に見ていて、私がぽつりと「201系のほうが好きだな」と言ったら、「おとなとちがって、こどもはあたらしいでんしゃがすきなんだよ」と教えられたことがある。我が子のほうがリアリストでオトナだった。

ちなみに、私は昔から101系のほうが好きだ。前面の窓の大きいところが好きなのだ。103系のシールドビーム2灯ライトも「ブタ鼻」と呼んでバカにしていたっけ。いまこうして見ると、103系は103系でいまの電車より柔和な表情に見えるから不思議だ。いっぽう、101系のほうは(私は現物を見たことがないけど)72系クハ79920番台によく似ている。スカイブルーの秩父鉄道1000系1001編成なんて、富山港線の72系電車を彷彿させるものね。
鶴見線は103系最後の牙城だった

そんな、とりたてて珍しい存在でもなく思っていた103系だから、何かのついでに写したことしかない。1990年代に大規模修繕がされて、簡易冷房車が登場した頃に青梅線や鶴見線で撮ったことはあるけど、その頃から鉄道を撮るのを止めてしまったので、首都圏から姿を消す頃の写真がないのだ。

それでも、何かのついでに撮ったカットがネガやポジから見つかるとついつい見入ってしまう。写真というものはほんとうにおもしろい。撮影時には気づかなかった価値が時の流れとともに現れるから。
離合しそうだから早めにレリーズしていたのか
ときどき、あのうるさい音を思い出しては懐かしくなる。ともあれ、懐かしんでばかりいるのもよくない。まずは秩父の101系残党どもの最後の姿をきちんと撮っておければいいな、と思う。

0 件のコメント:

コメントを投稿