2015年4月27日月曜日

【上毛電鉄撮影記事】菜の花を揺らしてデハ101が行く


菜の花の群生のなかにいると、周りを飛び交う蜂の羽音に気を取られてしまい、少し離れた場所にある踏切の鳴る音がわからない。だが、線路が鳴り始めてようやく列車に気づいた。通常の2両編成とは違うリズムだ。そして、勾配を駆け上がるべく吊り掛け駆動を大きく響かせて、デハ101が駆けてきた。菜の花がさわさわと揺れる。


ここひと月ほど、カメラを借りて上毛電鉄沿線を歩いていた。なかば仕事でもあり、趣味でもあるこの撮影も、4月26日(日)の大胡車庫イベントのデハ101型運行を撮影するためのロケハンでもあった。

冒頭のように、身の回りをぶんぶんと飛び交う蜂の羽音に気をとられて、大切なものごとをあやうく見落としかけるというのは、よくあることだ。日常の些事や雑念に気もそぞろになると、目的を忘れかけるというメタファーみたいなもの。

この撮影行じたいもそうだ。大人になると、いや、生来怠惰な人間が年を重ねると、撮影に出かけてもふとした「ひらめき」を見殺しにするようにさえなる。それは私だけなのかもしれない。この日は夕方まで、いつもならもしかしたらおっくうでやめていたひらめきに従って正解だった。蜂の羽音のように、脳裏には「今日はもうやめておけば」「駅から歩くぜ」「あまり遅くまで粘ると、また前橋行き連絡バスがなくなり、晩飯がJRコンビニのNewDaysになるよ」などという怠惰な悪魔のささやきが聞こえ続けたのだ。そのささやきをふりきってひらめきを実行して、うまくいった日というわけ。

そういう日もあれば、ずっと空振りする日もある。それが、もしかしたら生きている楽しさなのかもしれない。少々大げさか。







それにしても、3月末から4月末までのひと月は季節の変化が大きく感じられて楽しかった。枯野だらけの風景がすっかり初夏の新緑につつまれ、沿線はすっかり花盛りだ。

【撮影データ】Nikon Df・NIKKOR-S Auto 55mm F1.2、Nikkor AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR、AF-S NIKKOR 70-200mm f/4G ED VR・RAW

0 件のコメント:

コメントを投稿