2015年6月11日木曜日

【JRE185系PETIT撮影記事】「スワローあかぎ」にて


高崎線の特急列車は昨年春のダイヤ改正で、使用車両が基本的には651系に置き換わったことは、ここにお越しになる方で鉄道趣味仲間の方にはご存知のとおり。わずかに、新宿発着の『スワローあかぎ』号には185系が充当され続けている。少し遅めの時間に都内に出る私は、しばしば朝の新宿行き2号や、夜の前橋行き13号を目にし、そのつど「なつかしい国鉄型車両のブロワ音」に耳をそばだて、乗ってみたいなあと思っていた。

毎日、高崎線で定期運用されていた頃は、「しょせんは『新特急』」「なんとなく微妙」などと思っていたくせに。だが、斜めストライプ塗装が復刻しつつあることや、高崎線に限らず首都圏から国鉄型車両がみるみると数を減らしているのであれば、身勝手なもので気にはなる。


そこで、上毛電鉄のデハ101を撮影に行くために前橋で前泊することにして、新宿発の13号に乗ることにした。日中いた場所を考えると上野発の列車のほうが便利ではあっても、185系は新宿まで行かないと来ない。その前夜、目白を通過する185系を見たことも「お、乗るか!」という気持ちを私に思い起こさせた。




東京駅に近いJR駅で指定券をあらかじめ買い、新宿へ向かう。駅構内の売店にはめぼしいものは見当たらない。けれど前橋着は23時過ぎだから、食事をしておかないわけにもいかず。わずかに残っていた幕の内弁当と缶ビールを買い求めて列車に乗り込んだ。

私は子どもの頃、幕の内弁当が好きではなかった。各地の名産弁当があるならば、そちらを選びたいと思っていたからだ。それが、酒のあてとして考えると適度におかずがある。缶ビールと幕の内弁当なんて、もうおじさんの極みだなあ。ま、おじさんだもんな。

新宿発の『スワローあかぎ』は、空席が多くてがらがらだった。さすがに古びてきた内装といい、心踊る旅路の始まりという感じではない。消毒液のにおいも混じっていて、ああ、これぞ国鉄の特急だ! というようなわずかなわびしさがある(私鉄の特急列車ではあまり感じない)。それは、私が物心着いたときにすでに国鉄在来線特急の全盛期が終わっていて、私が見ていたのがもっぱらそういう、わびしい特急列車ばかりだったからなのかもしれず。それとも、当夜は雨の夜だったからか。

でも、そのほうが旅情があるのかも。おじさんの撮影旅行なのだし(いちおうお仕事でもあります)。



0 件のコメント:

コメントを投稿