2015年7月15日水曜日

【JR八高線撮影記事】入間川橋梁、1990年代

相模線電化後に八高線にやって来た相模線色のキハ30
前日の記事に書いた、約25年前に撮った写真をお目にかけたい。旧ブログでもアップしたことがあるので、いずれも再掲載だ。その記事を加筆して再掲載しようかと思ったものの、新たに書くことにする。

撮影はいずれも1992年8月のはずだ。フィルムはPKR(コダクローム64プロ)。大学生になったばかりの夏休みなのにアルバイトもせず、したがって遠出する余裕もなくて、高校生の頃の同級生と近場をうろついていた記憶がある。中学生の頃から大学生にかけて、まだ非電化だった八高線は私には、そう遠くないのに遠出した気持ちになることができる路線だったからだ。なにしろ、八高線は当時首都圏で最後の非電化路線だった。



旧ブログでも書いたことがあるが、その頃の私は鉄道趣味から徐々に離れていこうと決めていた。それは、その頃の自分には「いわゆる鉄道写真」が編成写真ばかりで、モチーフ主義を重視しすぎるおもしろみのないものに思えていたから。いま思えばそれは、たんなる自分自身の技術のなさでしかなく、そしてわかりやすい反抗期でもあったのだろう。

その頃でももちろん、編成写真ばかりではない鉄道写真を撮る人はたくさんいたはずだ。かの「鉄道写真の神様」である広田尚敬さんと嵐山光三郎さんの共著『ぼくのローカル線』(山と渓谷社、1988年)を小中学校の頃の親友とながめてはため息をついていた。そしてまた、創刊直後のRM誌のグラビアで見た八高線の入間川橋梁の写真も、私には刺激的だった。いま思えば、それは編集部持ち込み作品だったはずだ。

どちらも、車両がほとんど写っていない鉄道写真だった。「そういうのはありなんだ!」というのが当時の私の開眼だった。なにしろ、鉄道関係でなにかのクラブに属したことがなく、RM誌とRF誌の小さな写真関連記事を読んで写真を自己流で始めたから。

こちらは首都圏色(いわゆるタラコ色)。むりやりシルエットに
セメント列車は重連も珍しくなかった。車掌車がないのが民営化後のあかし
そんなわけで、その頃の私は「ローカル線を撮りたい」「非電化路線は絵になる」「だがしかし、遠くには行けないならば八高線だ」「八高線だって絵にできる人がいる」という、きわめて単純な思い込みによって通っていたことになる。青年の思い込みというのはあなどれない。この四半世紀あとになって自分が編集者になってカメラ関連のハウツー記事を考えたり、この近隣地域に暮らすようになっているわけだから。

【撮影データ】Nikon F4S・Ai Nikkor 35mm F2S、Ai Nikkor ED 180mm F2.8S・PKR・撮影地:JR八高線金子〜東飯能(1992年8月)

0 件のコメント:

コメントを投稿