2015年10月14日水曜日

【JR北海道PETIT撮影記事】しみじみ鉄、北に(最終回 急行『はまなす』撮影記)


午前5時10分すぎ、JR北海道千歳線長都駅。渡道2回めの私は、駅に着くまで「おさつ」と発音することさえ知らなかった。知らないとそう読めないなあ。千歳線の各駅停車は6時台までないので、駅には私と相棒の二人しかいない。10月第一週の5時過ぎの気温は10℃以下で、数日前まで首都圏で日中の気温が25℃もあり、高湿度のなかで暮らしていた私には、一足先に秋を体感するような寒さだ。じっさいに、早出のサラリーマン氏は冬のハーフコートを着ていて、それが大げさに思えない。

10月上旬だからまだ明るい。それでも、これからの季節ではより札幌寄りではないと走行シーンを撮るのは、高感度撮影が得意なカメラではないと難しそうだな、と思いながら苫小牧方面へ向かう貨物列車が通過するのを見送った。しばらく経つと、苫小牧方向から待ち構えていた列車と思しき前照灯が見えた。




待っていたのは札幌行き下り急行『はまなす』だ。千歳市内に投宿していたこの日、おそらく、そうそう北海道にやってくるとは自分の腰の重さをかんがみると思えず、なんとしてでも廃止前に『はまなす』を見ておきたいと思っていた。時刻表を見ると千歳発が5時半。日の出の時間を考えると、千歳周辺でなんとか撮れそうだ。投宿先からもそう遠くない。それでも、始発普通列車の時間よりも早いので、鉄道にはまったく興味のない相棒に早起きしてもらい、クルマで連れて来てもらったのだから、相棒には頭がさがる。


千歳線には撮影名所はいくつもある。そして、駅撮りの写真もしばしば見かける。駅撮りでも背景が木立なので、私はずっと森のなかを線路が走っているのかと思っていた。ところが、長都駅の周辺は工場と住宅地であることに驚いた。


さて、『はまなす』はそんなJR北海道撮影ビギナーの私たちをよそに、DD51の唸り声と紫煙を残して終点札幌に向かって駆けて行った。

シルバーウィーク後の平日でもあり、乗客の数はそう多いとは思えず、長年の酷使によってそうとう車体も傷んでいる客車を見ると、なんともいえない気持ちではある。かくいう私だって、撮るばかりで乗っていないのだ。その理由は簡単で、首都圏からLCCで来る方が時間も早くて費用もずっと安いから。

ともあれ、この列車が必要な人たちのためにも、最終日まで無事に走り続けてほしい。


【撮影データ】Nikon D7200/AF-S DX NIKKOR 18-300mm f/3.5-6.3G ED VR/RAW/Adobe CameraRaw

0 件のコメント:

コメントを投稿