2016年11月20日日曜日

【秩父鉄道撮影記事】SLパレオエクスプレス、秋の秩父谷を行く


11月もいよいよ下旬になり、関東地方の紅葉も標高が高い場所では終りを迎えつつある。今年の紅葉は長かった秋の秋雨のせいか、寒暖差が大きいところに行かないと色づく前に枯れている印象がある。よく見ると葉が傷んでいるものが多いように思われた。

ともあれ、引いて紅葉のある風景としてみると首都圏各地ではいまが見頃だ。好天に恵まれた20日(日曜日)の秩父鉄道沿線は人出も多く、SLパレオエクスプレスの最混雑区間である寄居〜長瀞間は立席で乗車する姿さえ見られた。普通列車も都内の朝のラッシュアワーのような混雑ぶりだった。


この日は日昇の頃から濃霧が発生していて、筆者が在住する埼玉県内南部から秩父に向かうために利用した西武新宿線も東武東上線も濃霧による遅延が発生していた。ところが、おもしろいことに武蔵嵐山を過ぎたあたりから霧が晴れて、SLパレオエクスプレス5001列車の通過1時間半前に波久礼に着いたときには快晴だった。矢那瀬の紅葉を見ながら歩いて撮影地に向かうのが楽しかった。

矢那瀬から波久礼に戻るのにそう急いだわけではないのに、混雑により列車がやや遅延していて、SLパレオエクスプレス5001列車に続行して秩父で追い抜く各駅停車に乗ることが意図せずにできたので、武州日野まで先行してもういちど5001列車をねらうことができた。気温が高く、湿度も高いために午後からは案の定空は白くなってしまったが。


この日は、鉱石貨物列車にデキ108や「チョコバナナデキ」(デキ502)も充当されていた。タイミングが合わずに撮れなかったのは悔やまれるよ(とほほ)。そして、寄居に日没後に戻ってくるとあたりは再び川霧に包まれていた。幻想的で美しかったよ!



【撮影データ】
Panasonic LUMIX DMC-GX7 Mark II/LEICA DG SUMMILUX 15mm / F1.7 ASPH., LUMIX G 42.5mm / F1.7 ASPH. / POWER O.I.S./RAW+JPEG/Adobe Photoshop CC 2017/Google Nik Analog Efex 2で画面周辺をぼかして周辺光量落ちを追加

0 件のコメント:

コメントを投稿