2019年4月12日金曜日

【西武多摩川線1980年代】西武多摩川線と571系電車

4連組成時には武蔵境方先頭に来るらしいクモハ575(多磨墓地前)

■551系電車の一員として
日のエントリーの続編だ。同じネガにあった西武多摩湖線を走る571系電車をお目にかけよう。多磨墓地前駅(いまの多磨駅)のホームに停まっているところ以外の写真は再掲載なのは申し訳ない。

この西武571系電車は、551系電車の一員ながらも、501系電車(二代目)を6両編成化するために1962年(昭和37年)に作られた。501系電車とは、西武所沢車輌工場(当時は復興社)で戦後初めてオリジナル設計・製造された湘南型デザインの電車のうち、のちに改称されて351系電車となるグループをのぞいた1957年(昭和32年)製の車体長20メートルの電車だ。定格出力130kwの強力な主電動機を用いていて、当時の西武鉄道ではもっとも出力に余裕ある電車とされていた。そこで、4両でMc-T-T-Mc(クモハ-サハ-サハ-クモハ)という編成を組んでいた501系電車をコストをかけずに6両編成化することが決められ、551系電車の一員として付随車(サハ1551形)として製造されたのが、のちに571系電車となるみなさんが見ている電車だ。


1930年代の昭和不況のころには電力代金が払えずに送電制限を受けるほど経営がうまく行っていなかった武蔵野鉄道(いまの西武池袋線)はとくに、戦後の混乱期を終えて高度経済成長時代になると沿線の宅地開発が進み、こんどは混雑をとにかく緩和するために車両数を増やすことが至上命題だった。1950年代から1960年代(あるいは昭和20年代から30年代)の西武鉄道が、戦前の国電と同じような走行性能の電車を作り続けたのは、車両を少しでも多く増備する必要があり、そのために安価に入手できる走行機器に目をつけたからだ。だから、昭和20年代から30年代にかけて製造された西武電車は車体のデザインはことなっていても、混用して使えるように走行性能が揃えてあった。私鉄ではじめての10両編成の列車を走らせたのも西武池袋線のはず。

■571系として独立
とはいえ、いくら主電動機の出力にゆとりがある501系電車でも、2M4T(Mc-T-T-T-T-Mc/クモハ-サハ-サハ-サハ-サハ-クモハ)の編成を組むのは無理があった。とくに、効力を発揮してほしいラッシュアワーにこそ加速が思うようにできず、かえってダイヤ編成上の障害になるようになったという。そこで、1967年(昭和42年)までにこの編成は解除され、501系に組み込まれていた551系付随車は半数が電動化されて551系に組み込まれて、551系を6両編成化するために用いられた。そのさいに、モハ571形、サハ1571形と改称されている。

このあとは551系電車とともに、FS40台車への履き替えなどの近代化改修を受けながら用いられていたが、1978年(昭和53年)から、701系電車の増結用だった411系電車が701系に合わせて冷房化とブレーキ装置の向上改造(HSCブレーキ化)が行われ始めると、従来の赤い電車(自動空気ブレーキの旧性能車)と用いる増結用の2両編成の電車が不足するようになってしまった。そこで、551系電車用の中間車だった本系列に運転台を追加し、先頭車改造を施したのがこの571系電車だ。そのさいに、571系クモハ571形とクハ1571形として新規の形式に独立した。

こうして571系電車は従来車への増結用の電車として登場したが、自動空気ブレーキを備えたこれら赤い電車が本線系統から置き換えられ始めると、あわせて支線区に移動していき、後年は571系電車は西武多摩川線で551系電車とともに活躍していた。筆者は本線系統で571系電車を見た記憶がなく、むしろ「西武多摩川線の電車」という印象がある。


上記クモハ575と編成を組むクハ1576。電気連結器がある

4連で運用される姿。先頭はクモハ571(新小金井〜多磨墓地前)

クモハ571を野川の河川敷から(新小金井〜多磨墓地前)

■ほんのちょっとだけ新しくて見えて不思議な存在
何度も書いているように、オイルショックのころに生まれた筆者にはこれら赤い電車はいずれもまとめて「古い電車」に思えていたけれど、この571系電車だけはなんとなく不思議な印象を与える電車だった。というのは、昭和53年ごろに増設された運転台と周辺のデザインは、当時冷房改造が進められつつあった411系(改造後の401系)電車と同じデザインにされて、行き先方向幕の表示窓が設けられたからだ。ところが、昭和50年代以降のほかの「赤い電車」は新製時から行き先方向幕窓があった701系/801系電車のグループをのぞいて、下に掲載した351系電車のように、助手席側の正面窓のなかに方向幕があったから。急行や準急などの優等列車はさらにその行き先表示の下に札をぶら下げていた。その札も、列車種別が増えた1980年(昭和55年)のダイヤ改正までは準急も急行も赤い色で、二回りくらい小さい札だった。普通、準急、急行以外の種別が増えて、さらに準急が緑色、快速が水色、快速急行が赤地に青というように、優等列車種別表示のこの札が色わけされたのは、子ども心にもよく覚えている。

そんなわけで、571系電車は「正面デザインだけほんのちょっぴり新しめ」というように私には思えて、不思議な存在だったというわけ。すごくその……細かいね。筆者が当時すでにガチオタだったということか。

行き先表示はこういうのが標準的だった。野球開催日の準急列車


北多磨(現 白糸台)の車両基地にいるクモハ571。すでに701系も見える

クモハ573

連続カット。へたすぎていろいろと泣ける

クハ1580。クモハ573-クハ1574-クモハ579-クハ1580という編成らしい

■グリーンマックスのNゲージキットを作ろうとしていたのに
冒頭にあるこの571系電車の写真を撮ったころに、グリーンマックスからNゲージのプラキットの新製品として発売されたものを筆者は手に入れている。おそらくは、多摩川線にはその資料として写真を撮りに出かけたはずだ。そうして、じつは停車中のこの571系電車の写真はそのころの自分には「きちんとピントが合い、露出もまあまあ合って、同時プリントでもそこそこちゃんと見える写真になった」という理由で、ほんのちょっとだけ気に入っている写真だった。そういうわけで、グリーンマックスのキットでは571系電車を作ろうと思っていたはずだ。掲載していないけれど、私にしてはめずらしく連結面のはしごのようすなども写したはず。床下機器もグリーンマックスのクモハ11400のものを当時の大山店で分売されているものを買い、あれこれと別売パーツも集めた。そうして構想だけはあたまのなかでだいぶ盛り上がったくせに、結局はランナーからパーツを切り出しもせず、組み立てなかった。このキットは戸袋窓が大きすぎて実車に似ていないという欠点があったけれど……組み立てなかったのはそれが理由ではない。そのまま組むと側板と妻面などの合いが悪くてたいへん組みづらいキットだとおとなになってから知ったけれど、それが理由で完成させていないのでもないはずだ。それまでに稚拙な腕でも旧型国電の切り継ぎ工作や配管などもしていたのだ。だから、作らなかった理由はいまとなってはよくわからない。どうやら、自宅で小さいプラモデルを組み立てることにだんだん飽きてしまったからということらしい……天気のいい日に家にいるのが惜しいと。

それから30年たったいま、体調のせいで出かけられないことが増えると、こんどはひさしぶりにそういうプラキットを組み立ててみたい気持ちにかられているのに。もっとも、いまはその頃よりも視力が落ちていて、裸眼ではNゲージでは小さすぎるし、有機溶剤と接着剤に触れるたくないなあ、などと煮え切らないでいる。少なくとも、模型を作るのはdermatitisというか、Red Skin Syndromeが治ってからね。16番で作るほどの本気もまだないけれど、そのうちそんな模型製作記事をお目にかけるかもしれない。走らせたいとか、集めたいのではなく、なにやら「作りたい」という気持ちだけはあるのだ。

調子がよくなったら腕慣らしに飛行機のプラモデルでも作ってみるか。大昔のグリーンマックスのカタログにあった「航空機プラモデルのすすめ」のページで航空機に(とてもライトに……飛行機といえばライト兄弟だしな)興味を持ったのだし、それもいいかも。え、ガンダムのプラモデル……? 一年戦争時のモビルスーツと、『太陽の牙ダグラム』のソルティック、『装甲騎兵ボトムズ』のスコープドッグは当時さんざん作ったからもういいなあ。「ガワラ立ち」とか、なつかしいね。

【撮影データ】 Konica FP/Hexanon 52mm F1.8(1987年4月?、多磨墓地前) Nikon F-301/Sigma 35-70mm F2.8-4(1988年1月、新小金井〜多磨墓地前)
Sigma 75-210mm F3.5-4.5(1987年10月、新小金井〜多磨墓地前)
Ai Nikkor 180mm F2.8S ED(1990年8月、多摩湖線青梅街道)

0 件のコメント:

コメントを投稿