2014年7月6日日曜日

【秩父鉄道5000系撮影記事】元地下鉄電車、山線区間を行く


今週末も「きちんと」秩父鉄道沿線にいた。いつもと同様にとあるコンパクトデジタルカメラ2機種の比較撮影をするのに、秩父鉄道とその沿線の情景をお借りしているというわけだ。でも、それだけでは気持ちがものすごく消耗するので、自前の機材で自分用の写真も撮っている。そんなあいまに見た5000系は、実にシブくてカッコいい電車であることよ!


もちろん、土日の沿線の主役であるパレオくんを撮っているのだ。キメの写真はここに掲載できないので、撮っているよという証拠がこれ↓



日曜日は下りパレオ5001列車を秩父で追い抜いた電車が5001編成であり、上りパレオ5002列車の前後の上り電車には5003編成と5001編成が充当されるなど、パレオ前後にシブい電車が来る仕掛けになっていた。雨模様や曇天でも撮影に来る人をねぎらってくれているかのようだ。元地下鉄が日常的にこうして山の中の河岸段丘を縫うように走るのは、秩父ではありふれているように思われるかもしれない。でも、こういう地味な姿をきちんと記録しておくのも大切だ。

追記:どうも撮影地のツボが似ているらしいウラハルさん、今日もお疲れさまでした。私ら沿線で遭遇しすぎw

0 件のコメント:

コメントを投稿