2014年8月27日水曜日

【2012年8月 秩父鉄道1000系記事】2012年の夏休み、1000系電車は走る


昨日のエントリーでは旧ブログでもアップした記事の加筆版をお届けした。「ネタ切れなのではないか」と思われたあなたは半分正しい。なぜ「半分」なのか。それは、自分の稚拙な文章をときどき見返しては、アップデートしたい思いに駆られるから。いくらなんでも、読みにくいのではないかと思うと、そのままではいられなくなるのだ。

さて、「鉄道ニュース速報ではない」「あまり過去を思いいれたっぷりに語りたくない」と矛盾した思いを表明しているくせに、ここ二日ほどは思いいれたっぷりな過去の記事ばかりをお届けしている(すみません)。その表明自体は、自分の決意表明みたいなものでもある。

とかいいながら、画像ブラウザを開かなくても1000系電車の姿を見たくなったから、という理由で今日も2年前の秩父路の1000系の姿をお届けする、自分にたいへん甘いね。夏休み特別版ということにさせてくださいませ!


3両編成が12本導入されて1980年代半ばから2010年頃までは、秩父路の主役として活躍していた1000系は、2012年8月の時点では4編成まで減っていた。その内わけは、1001編成スカイブルー、1003編成オレンジバーミリオンII、1007編成秩鉄リバイバルからー(チョコバナナ)、そして1010編成秩鉄オリジナルカラーだった。この時点で、1007編成の引退は秋ごろであろうと見られていた(12月8日にさよなら運転が行われて引退したのは、秩鉄ファンのみなさんにはご存知のとおり)。

とはいえ、4編成あれば数時間沿線にいればどれかに遭遇することはできた。翌年、2013年秋に1001編成スカイブルーが退役してからは、「1000系に会えないな」と思うことが多くなったものだ。もっとも、ファンサービスに余念のない秩父鉄道の運用担当の方々は、パレオエクスプレスの前後に1000系を充当したり、ダイヤの公開を行ってくれたのだから、ちょっと調べれば撮影しやすかったのだと思う。



学生さんの夏休み期間中は、沿線もとても活気づく。御花畑や寄居、熊谷といった主要乗換え駅から家族連れや学生さんたちがうれしそうに乗り込んでくると、電車はときには都内を走っているかのように座席が埋まる。通勤輸送用に作られたこの電車はそういうときに本領発揮したのだろう。


いま思い出すと、よく揺れる電車でもあった。FS-072/372空気ばね台車をはく6000系や西武4000系、あるいは空気ばねのTS台車をはく東急から来た7000系列の電車から乗り換えると、最高速度85km/hほど出す直線区間では大きな揺れや車端部の渡り板が跳ね上げる音が聞こえてきて、そのようすにちょっと懐かしい思いがこみ上げてきたものだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿