2015年2月10日火曜日

【小湊鐵道PETIT撮影記事】キハ5800をちょこっと撮る


土日に小湊鐵道沿線に行ったときのこと。列車を撮りに出かけたわけではないので、雨に考え込んだ。というのも、被写体にお願いした方を撮るのに、寒い雨の中に立たせるわけにはいかない。そういう絵を求めていったわけではないから。

そこで撮影を半ばあきらめて、五井に保存されている蒸気機関車を見に行った。詰所に一声かけて、蒸気機関車を見たときにふと、庫内のキハ5800を思い出した。旧鉄道院の電車を改造したディーゼルカーだ。






シルヘッダーのついた半鋼製の車体を持った車両は、もうほとんど記憶の奥底にあるだけの存在だ。私は幸運にも、シルヘッダーのある電車が走るところを見ることができたぎりぎりの世代なのだろう。シルヘッダーは基本的には昭和20年代までに作られた車両でしか見られない。その昭和20年代からそれだけ時が流れたのだと思う。

もっとも、その気になれば、東京圏であれば三峰口の秩父鉄道100形なり、大宮の鉄道博物館なり、あるいは青梅鉄道公園に行けば、保存してある車両を見ることはできる。動く車両であれば、コトデンや一畑に行けばいい。だが、走らない車両はいつでも見られると思うために、つい走っている車両のほうを追いかけてしまい、その存在を忘れがちだ。

忘れるのは私だけなのかもしれないが。

さて、詰所では庫内には入らないでくださいね、と言われたので、もちろんそれは守りつつ。少しはなれたところから、キハ5800を見せてもらった。この車両が走るところを見たことはない。しかも、帰宅して古い写真を見てみたら、1986年の写真でも同じ場所にいたようだ。手入れがされているわけではないが、公園に雨ざらしにされるよりはずっと幸せな保存方法だろう。


【撮影データ】Nikon D5300・AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR II・WB:曇天・RAW+JPEG(いずれも許可を得て撮影)

1986年5月に撮影。このときから同じ位置にいるのですね

0 件のコメント:

コメントを投稿