2010年11月2日火曜日

【しなの鉄道2010年11月】169系S52編成復活湘南色編成撮影記(その2)

【はじめに】
本エントリーは旧ブログにて掲載していた、2010年11月2日付記事をもとに、加筆訂正したものです。筆者自身が国鉄型の車両を見たくなったので、記事を復活させます。

(前回のあらすじ)
珍しく夜行バスで秋のしなの鉄道撮影に来た「私」は、雨の日の夜明けの暗さと寒さ、そして空腹と坂城駅構内の石油の匂いにめげそうになりつつも、復活湘南色塗装のしなの鉄道169系S52編成快速「しなのサンライズ」号を撮ったものの。朝一番の撮影ですっかり気が抜けた。緊張感なくとぼとぼ歩いて上り列車を撮った場所へ戻り、念のため三脚を設置してから駅へ雨宿りに行く……。アルベルチーヌ! アルベルチーヌ! (よけいな文字が見えたとしたら、それは気のせいです)

坂城駅で湘南色塗装復活記念フリー切符を買い、しばらくぼんやりする。そこへ、外をブルーサンダー牽引西上田行き貨物が通過して行った。もう撮ろうとか、しまったとか思う気力もない。ははは。なにしろ雨に濡れて風に吹かれており、しかもまだ朝ごはんを食べていないのだ。おまけに、ヘッドマークのない「素」の169系湘南色の快速を撮ってしまったのだから、目的はほぼ達成したようなもの。

狙った列車を撮れたとはいえ、時間はある。せっかく遠くまで来たのだし、さてどうするか。169系S52編成は戸倉まで戻ったのちに上田まで再び送り込み回送になる。そして、当初は撮るつもりのなかった「レトロ軽井沢」号が続行してくる。



雨煙がこんな感じでしてね


天気がよければほんとうは軽井沢方面の駅間で撮ろうと思っていた。信濃追分~御代田~平原なんて素敵な場所を走るじゃないですか。いつかそういう素敵な場所で撮ってみたいんだよ。

でも雨と風だし
朝飯食いっぱぐれだし
濡れて寒いし
うじうじうじうじ


もう。ただでさえ、おじさんとは村上春樹ふうにメタファーを使えば「雨の日の野良犬」みたいな存在なのだ。あわれでみじめで、でも誰にも近づかれないような存在なのだ。そんなことはないかなあ。

実は食べ物が買えそうだからという理由で、夜行バスは坂城付近でも降りられるのにわざわざ長野駅まで行ったのだ。それなのに、寝起きでしな鉄始発電車に乗るときに食べ物を入手することを忘れた。食べ物を買わないなら、千曲川さかき停留所で降りて、15分ほど歩いて坂城駅まで来たのになあ。よく知らないけど、見るからに坂城駅周辺で朝5時頃に食べ物を手に入れられないだろうから。

寒い・腹ぺこ・やる気なしなので、駅間の撮影地まで片道30分以上歩くような元気はいまはない。そこで、朝と同じ場所で確実に押さえることにした。ここならファジャンシル(ウリナラ語:化粧室)も近い。

そんなわけで一時間半ほど前から線路際に立った。幸い雨脚は弱まりつつある。遠くの千曲川対岸が水墨画のように霞んで見える。送り込み回送の通過時刻は不明だけ。だいたい予想着くけど、まだ来ないかなあ、さむさむさむさむ、と震えていたら「仲間」が現れた。

コンデジを持ってスポーツ刈りでジャージ姿の少年だ。小学校5年生かせいぜい中1というところ。私の三脚の後ろで「困ったなあ」という顔をするのがおかしくて、ついつい声をかける。おはよう、俺の前に来ても平気だよ! こっちは望遠レンズだからさ! 

すると彼はほっとした顔をして私に向かって話し始めた。何時に通過するんですか。湘南色とレトロ軽井沢号のどちらが先ですか……。まだまだ子どもっぽくてかわいいなあ、と思ったのは、それからずっと彼のペースのおしゃべりが続いたところ。「レトロ軽井沢」号の試運転は見に行きましたか。姨捨がすごかったみたいですね。「しなのサンライズ」は土曜日はいつも3両なんです。9両編成を撮りたいなら平日です。戸倉のホームで並ぶんです。坂城行き貨物と「しなのサンライズ」はトンネル手前ですれ違いますよ。西上田行きブルーサンダーは撮りましたか。中央線201系H7は松本まで行きました……。

かわいいねえ、おじさんは笑いたくなった。いろいろ親切に教えてくれてありがとう! 子どものこういう素直なところや、優しいところっていうのは本当にすばらしい。超親ばかだけど、自分の子どもを見ていてもそんな親切心はとてもかわいいと思う。こういう他人に親切にしようという気持ちをずっと忘れないで大人になるんだよ、と心の中でつぶやく←オヤジだな、俺。子持ちだからリアルオヤジ。でも、おかげで話していたらなんだか元気が出てきたよ。

そこへ、無線機を持ったしなの鉄道の保線員の方が現れて私たちに言う。雨の中ご苦労さまです! いやいや、何をおっしゃいますか。こっちは趣味ですから。むしろ、雨の中お仕事ご苦労さま!

保線の方はこちらが尋ねていないのに「定時運転です。回送は7分頃通過です。レトロ号も定刻に長野を出ましたからね」だなんて教えてくれる。

(私)「いいな! しなの鉄道の人たちって優しいんだね!」
(少年)「しなの鉄道の人たちはみんな優しいですよ!」

もしかして、この地域の人たちはみんな優しいのかな。そうだったらいいな。坂城町役場が委託している駅員も、道で犬を散歩させていたおばさんも、出会った人たちはみんな優しい。

さて、回送の通過直前になって、ようやく他の撮影者が2名ほど現れた。今日は足が遅いのは雨だからか。首都圏の列車の撮影みたいに殺気だった嫌な感じがないのがありがたい(他の撮影地でもそうだった)。おしゃべりに夢中で止まらない少年に「ほらほら、もうすぐ回送来るよ!」と注意を促しているうちに、来ました、湘南色送り込み回送! 早朝の送り込み回送のリベンジってところかな。こっちは「リバイバル信州」のヘッドマーク付きだ。シュート!


あーっ! と少年の声がした。ぶれちゃった、って。暗いからね。コンパクトデジタルカメラなら、流し撮りしないとブレちゃうんだよ。やってみなよ。

そして、ほどなくして「レトロ軽井沢」号が来る。少年いわく、牽引はEF64です。38号機ですかねえ……ピーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーッ! ホイッスルが鳴ってトンネルから「レトロ軽井沢」号が現れた。

EF64の車番にまったくくわしくない私は、すっかりしなの鉄道のチラシにあった茶色いカマが来るのかと思っていたら、紺色とクリームの国鉄直流機関車標準色。こいつはこいつで懐かしいからまあいいや。



少年は今度は流し撮りをしたそうだ。客車が去るところを撮ったそうで見せてくれた。カーブを曲がっていく客車がうまく写っていてかっこいいじゃない。お母さんが迎えに来て、少年は満足そうに帰って行った。そういえば、またもや彼を撮らなかったな。地方で撮っていると(いや、実は都内でも)子どもやおじいさん、おばあさんに話しかけられることが実は多い。こうなったら撮影地で出会う人を撮ることにしようかな。

そんなわけで、「リバイバル信州」号送り込み回送と「レトロ軽井沢」号の上りは待ち時間に退屈しないで撮れた。なんだか意欲も復活したぜ。昼飯でも食ってから、午後もいっちょうやるか!

【撮影データ】Nikon D2X・Ai AF Zoom-Nikkor 80-200mm f/2.8D ED <NEW>、Ai AF Nikkor 300mm F4 ED・ISO640〜1,600・RAW(Capture NX2にて現像)・撮影地:しなの鉄道坂城〜戸倉(2010年10月撮影)

0 件のコメント:

コメントを投稿