2010年11月1日月曜日

【しなの鉄道2010年11月】169系S52編成復活湘南色編成撮影記(その1)

【はじめに】
本エントリーは旧ブログにて掲載していた、2010年11月1日付記事をもとに、加筆訂正したものです。筆者自身が国鉄型の車両を見たくなったので、記事を復活させます。

長野からしなの鉄道の始発列車に揺られる。窓の外はまだ暗い。そして、戸倉に列車が到着したところで目を凝らすと、まだ夜が明けきらない駅構内で、車内灯をこうこうと灯して169系S52編成が出発準備をしていたのが見えた。S52編成は他の編成と切り離されてホームの上り方面側にいる。これはもう今日の「しなのサンライズ」号はS52編成だということはまちがいあるまい。


坂城の手前のトンネルを出てきたところを、むりやり写した




めずらしく、しなの鉄道を撮りに来た。信越線時代には通過したことがあるだけだし、3セク転換後は観光ついでに何度か来ただけ。S52編成が最初に湘南色に塗装変更された頃に、諏訪に泊まりがけの出張で来た翌日に少し写した程度で、親近感と興味はあっても土地勘はなく、さらに、その頃は子どもも小さくて私一人であまり好き勝手に出かけることもできなかった。そうこうしているうちに、S52編成はしなの鉄道色に戻されてしまった。

そこへ、再度の湘南色の復活という知らせだ。そして、休みと自由になるスケジュールを調整しているうちに、運良く自分が動ける土曜日を見つけた。この日は、リバイバル快速「信州」号が走るというものの、行く機会が少ない鉄道であれば、平日朝のみ走る快速「しなのサンライズ」号も撮ってみたいと思っていた。そこで思い切って、ちょうどその頃から運行を開始したアルピコバスの深夜便(新宿西口23時20分発、長野駅着4時52分)を利用することにして、しなの鉄道沿線に出かけてみたというわけだ。

ご存知の通り、復活湘南色塗装(2010年11月当時)のしなの鉄道の至宝169系S52編成がしなの鉄道標準色編成と切り離されて出発準備をしていたということは、今日の快速「しなのサンライズ」号は9両編成で湘南色+しなの鉄道標準色ではなく、3両編成の湘南色単独ということだ。

しなの鉄道Webサイトにある169系S52編成の行路表によれば、今日は午前中に快速「しなのサンライズ」号として小諸から長野へ行き、戸倉まで戻ったのちに午後は上田から軽井沢まで快速「リバイバル信州」号として走る。軽井沢からは小諸まで1往復して、夕方小諸行きになる。今日はつまり、長野~軽井沢の全区間を走る。ということは、撮影できるチャンスがたくさんある。

しかも、小諸始発や上田始発、戸倉止まりや小諸止まりという運行があるということは、必然的に送り込みや返却の回送があるということだ。

さらに、直前になって知ったのは、何でも旧型客車の団体臨時列車「レトロ軽井沢」号が運行されるとのこと。しかも、午後の「リバイバル信州」号と上田や小諸で並ぶように続行して走るようダイヤが組まれていて、「リバイバル信州」号の1往復のあと夕方まで軽井沢駅で並べて展示されるというのだ。念入りですなあ、しなの鉄道さん&JRE長野支社さん!

私の訪問目的は実はこの湘南色編成なので、「レトロ軽井沢」号との並びは正直言うと人出が怖い。なにしろ国鉄型でしょう。お上品ではない方々が集う危惧がありましてね。でも、そんな人出が嫌なら、「レトロ軽井沢」号が走る前の運用を狙うために夜討ち朝駆けしかない。私はしなのサンライズ号を送り込み回送から撮るためにしなの鉄道の始発に乗りたかったのだ。

しかしまあ、なにごとも思惑通りには必ずしもいかないのが世の常。戸倉にいたS52編成を見て俄然ヤル気が出たものの、計算外だったのは天候と日の出の時間。しかもしとしと雨。坂城で6時頃降りてから撮影準備をしながら悩んだのが露出。暗くて露出が稼げない……。

最新のデジタル一眼レフなら、ISO1,600は実用範囲だ(当時。いまなら6,400でもけっこういける機種がある)。でも私の愛用するD2Xは、ISO400まではキレイだけど、それ以上はせいぜいISO640まで。ISO1,600は緊急用といいますか。あえて使いたい画質ではない。

しかし、ここまで来て撮らないわけにはいかない。私のなかの「脳内バーチャル鬼デスク」が言うのです。撮れるまで帰ってくるな! 特落ちは許さんぞ! って。趣味の撮影でさえ妙な職業倫理と責任感にしばられる真面目な人なのですよ、私(苦笑)。そして、こうなればいまこそが緊急事態と判断しまして。ためらいながらもISO1,600を選択。列車の速度が見かけ上落ちるカーブを望遠レンズで撮る作戦でいくことにした。

待てども雨脚は弱まらず、明るさもあまり変わらない。ほどなくして背後の踏切が鳴り始め、電車のタイフォンが聞こえてトンネル内がヘッドライトで明るくなりはじめた。来たぜ、上り回送! S52編成単独だ!

ヘッドライトの明るさがすごくまぶしいけど、なんとか撮れた。撮影者は私ひとりだけ。こいつが戻ってくる頃には少しは明るくなるといいけど。

今度は下り列車を撮るために濡れながら歩いて移動する。それにしても風が強くて傘が役に立たない。次の撮影地にも一番乗りできたので三脚を立ててから雨宿りする。寒いなあ。犬の散歩をさせているおばさんに笑われた。この天気で汽車を撮るんですか! って。まあね、趣味なんだし、人とは違ういい写真を撮りたいなら、少しは人のしない努力もしないといけない。

夜がはっきり明けても天気はまったく回復せず、風が強くて傘が役に立たないのでレンズがすぐに濡れてしまいファインダーも曇る。「しなのサンライズ」号の通過前に何本か試し撮りをする。なんとかISO640で撮れる明るさになった頃、待望の「しなのサンライズ号」がやって来る時間になった。

あれ……下り列車を待ち構えていた背後からノロノロ走る上り列車の気配がする。篠ノ井にいたEF641000番台重連の坂城行き石油列車。まさかの離合か。貨物列車のことを忘れてた(いろいろ私はうかつすぎる)。

そこへ「しなのサンライズ」号のタイフォンが聞こえてきた。どうなるのかなあ、3両編成を正面がちに狙うから、貨物列車が来ても悪くないよなあと考えていたら、先に「しなのサンライズ」号がファインダー内に飛び込んできた。いっぽうの貨物列車はファインダーにまだ入ってこない。夢中でレリーズした。

古いレンズとカメラで撮ったせいか、ヘッドライトが大目玉みたいに
手応えあり! これで私のなかの「脳内バーチャル鬼デスク」にも報告できる。

数十秒差でこんどはロクヨンセンさま重連をシュート!
そして、「しなのサンライズ」号が通過してすぐさま、貨物列車は加速を始めた。うなるロクヨンセン。区名札は愛知機関区の「愛」! 愛だろ、愛。まるで直江兼続の兜みたいだな。もしかして、運転士さんはわざと減速してくれたのだろうか。まさか。ともあれ、素敵なショーをありがとう、機関士さん! 

結局、下り「しなのサンライズ」号をここで写した撮影者はやはり私ひとりだけ。雨の中のこのこ線路際にいるおばかさんは私くらいでいい、ことかもしれないけどさ。おかげで、こんな迫力あるシーンを独り占めさせていただきました! どうもごちそうさま。

【撮影データ】Nikon D2X・Ai AF Zoom-Nikkor 80-200mm f/2.8D ED <NEW>、Ai AF Nikkor 300mm F4 ED・ISO640〜1,600・RAW(Capture NX2にて現像)・撮影地:しなの鉄道坂城〜戸倉(2010年10月撮影)

0 件のコメント:

コメントを投稿