2010年11月3日水曜日

【しなの鉄道2010年11月】169系S52編成復活湘南色編成撮影記(その3)

【はじめに】
本エントリーは旧ブログにて掲載していた、2010年11月3日付記事をもとに、加筆訂正したものです。筆者自身が国鉄型の車両を見たくなったので、記事を復活させます。

(前回のあらすじ)
夜行バスで秋のしなの鉄道撮影に来た「私」は、雨の日の夜明けの暗さと寒さ、そして空腹と戦いつつ、坂城付近のトンネル出入り口で当初の予定通りに169系S52編成復活湘南色編成を撮る。自らのおごりによって影を解き放った「私」は、「まことの名」を知るものは力と影を知らねばならないという苦い思いをかみ締めつつ、次の旅へ向かう……って、途中でなにかまちがえた気がする。



少年と出会って元気を出したので、午後もがんばろう! と思い、まずは飯だわ飯おでになんか食わせろ食わせろ最寄の繁華街は上田か! と、上り列車に乗り込んで体を温めつつ上田でマクドナルドなどというつまらないものを摂取しながら移動し、駅間で撮ろうとして下車した御代田では再び大雨に見舞われるなど、わりと午後は(というよりも、「午後も」)ダメな感じだった。不幸日記なんて痛いけど、「撮影がうまくいったぜドヤア日記」ばかり読まされるのも嫌だよね。

早朝の列車はうまく撮れたのに、昼の列車はどうもうまくいかない。出発前のイメージトレーニングを重ねに重ねた写真は撮れるくせに、現地でアレンジできないところが、チャンスを生かせない男たるゆえん。しょーがない。ぶっ、不器用ですから。←5年前も同じことを書いていたよ、俺。


そこで午後はわりと諦めモードに以降しまして。軽井沢駅で「レトロ」号と169系の並びをさくっと撮り、おぎのやの駅そばを食べてから発車待ちの115系車内で暖を取り、「秋のイメージを横着しながら撮る」べく、早めに「あたらさん」編集部のある信濃追分駅(当時)にて待つことにした。「しなの鉄道で最も標高の高い駅です」とある信濃追分は寒かったけど、待合室があって雨に濡れないで済むからさ。寒いのがヤル気を奪いつつあったのだ。





まず、169系快速「リバイバル信州」号を撮る。同時に写したコンデジ動画を再生すると、少し前までは上野駅や大宮駅、高崎駅でもあたりまえのように聞いていた抵抗器の強制通風装置兼電動発電機(なのでしたっけ?)のブロワ音が響き、自分がいまいつどの時代にいるか少しわからなくなる。

雨はやまない。ほどなくして「レトロ軽井沢」号が続行でやって来た。EF64の汽笛が雨の中で聞くとわずかに物悲しく聞こえるのは、聞いている人の勝手なメランコリーか。





ここで15時過ぎの下り「リバイバル信州」と「レトロ」号を撮って今日の撮影をお開きにした。帰りのバスは18時出発。ああ、もう濡れて寒いんだよ。そこで、軽井沢から上田まで往復するなど、電車にひたすら乗って移動して暖を取った。なにしろフリー切符だからね! 

これにて3部構成でお届けしたしなの鉄道撮影記事は終わりだ。記事自体がリバイバルというのもアレなのに、おつきあいいただいた読者のみなさん、ありがとうございます。(筆者が勝手にやったので、すみませんね)

「雨じゃないときに信濃追分~御代田~平原の駅間で撮ってみたいものだ。暖かい装備で冬も撮りたい」などと書いたのに、けっきょく、いまにいたるまでしなの鉄道とご無沙汰している。169系はこのあとさらに湘南色化が進められ、引退イベントもあれこれ行われていたのを横目にしながら、一連の騒ぎが嫌で結局これが私自身が169系を見た最後の機会となった。このときはそれでも、悪天候もあって人出はそう多くもなく、わりとおだやかな雰囲気ではあったから、殺気立つイベントのために遠出しなかったことは、ささやかな感傷とはいえ、貴重な思い出を守る行為でもあったろう。

この春に移管された北しなの線もあわせて、再訪したいと思いながらまだかなわない。とはいえ、再訪できないあいだに、長電も上田も車両の入れ替えが始まってしまったし……うかうかしてはいられないのだが。それに、しな鉄でミ※ーカが増えるような事態になっても嫌だしな。

【撮影データ】Nikon D2X・Ai AF Zoom-Nikkor 80-200mm f/2.8D ED <NEW>、Ai AF Nikkor 300mm F4 ED・ISO640〜1,600・RAW(Capture NX2にて現像)・撮影地:しなの鉄道坂城〜戸倉(2010年10月撮影)

0 件のコメント:

コメントを投稿