2016年3月24日木曜日

【Nikon D7200記事】位相差AFに驚かされる、の巻

根小屋駅をデハ252が出発
 Nikon D7200を使っていて驚かされることがある。それは、低照度時の位相差AF(ファインダーAF)の性能向上を体感するときだ。長年使っていたD2Xはフラッグシップ機だけあり、低照度でもカプラー駆動のDタイプレンズを用いていても位相差AFに助けられることが多かった。AFはかなり食いつきがよく、そうそう外さないところがD2Xを手放せない理由だった。ところが、そのあと使用していたD7000はD2Xと同じようにはいかなかった。1,600万画素は位相差AFの限界なのか、あるいはミドルクラス機だからしかたがないのかと、なかばあきらめていた。でも、ミドルクラスではあってもD7200では、きちんと位相差AFの精度が改良されているのだと知り、うれしくなった。


具体的には、AFセンサーがアドバンストマルチCAM3500IIオートフォーカスセンサーモジュールに変更されたこと。同じものがD750から採用されている。このD750は数回試用してみたところ、低照度でもAFがかなり使えるという実感があった。D7200のD7000やD7100からの改良点はいくつもあるが、バッファメモリー容量の増大もさることながら、私にはこの位相差AFの高精度化がいちばんありがたい。

日没後に上信電鉄根小屋駅を見下ろす場所でカメラを構えていた。根小屋駅に停車した列車をライブビューで撮影していて、ふと思いついて位相差AFに切り替えてみた。あたりはもう暗い。どこまでAF追従するか興味があったからだ。フォーカスモードはAF-C、AFエリアモードはダイナミックAF(9点)だ。そうして駅を発車した列車を連続撮影をしてみた。使用したレンズは古いAi AF Nikkor ED 300mm F4S (IF)でDタイプになる前のカプラー駆動のレンズだ。このレンズが出たのはフィルムカメラのNikon F4(デジタルカメラのD4ではない)の時代で、1987年6月とアサヒカメラ別冊『ニューフェース診断室 ニコンの黄金時代 2 F4〜F100 「診断室」再録』(朝日新聞社(現 朝日新聞出版) 2000年)にもある。
ここまでは位相差AFが合焦
 ファインダー内でヘッドライトの明るい部分の面積が大きくなるにつれて幻惑されるだろうことは想像がついた。1コマAFを外したのは、まあそうだろうなあ、と思った。ところが、驚かされたのはこのあとだ。AFが再測距して合焦できたのだ。驚きながらレリーズを続けた。
1カットAFを外したら……

なんと再び合焦!
DXフォーマットのフラッグシップ機D500や、FXフォーマットのフラッグシップ機D5はさらにAF性能に手を入れられているようなので、それも楽しみだ。D7200はフラッグシップ機ほどの作りこみはないが、D500よりもわずかに画素数が多く、それでいて多少小柄でもあるので、D500が出ても存在意義は多いにある。まだまだ活躍してもらおう。

【撮影データ】Nikon D7200 /Ai AF Nikkor ED 300mm F4S (IF)/RAW+JPEG/Adobe Photoshop CC

【このようすはKindle電子書籍に】
この、D7200の低照度時の位相差AFに助けられて取材を進めて作ったのが、先ごろ発売したKindle電子書籍『ぼろフォト解決シリーズ071 Nikon D7200 で上信電鉄を撮る!』です。上信電鉄を被写体にして、Nikon D7200の使い方を解説した一冊です。ちょっとした撮影ガイドとしてもお役に立てるかも。鉄道誌にかつてはあったような「編成写真の撮り方テクニック解説」ではありませんが、ゆるくも甘くもありません。元カメラ誌編集者たちが作ったからね。

書名:『ぼろフォト解決シリーズ041 プロの撮影思考とテクニックを徹底解説する Nikon D7200で上信電鉄を撮る! しみじみ写真家・秋山薫 [Kindle版]』
著・写真:秋山薫
著・編集:秋山薫、齋藤千歳
価格:540円

また、このシリーズには私が同じように秩父鉄道上毛電気鉄道を取材して作ったカメラ本もあります。そして、『D7200で上信電鉄を撮る!』で武州と上州の三大地方私鉄を本にすることができました。次はどこへ行くかな。ご興味のある方はそれぞれアマゾン(日本のアマゾン)へどうぞ。


また、被写体を鉄道に限らないでNikon D7200を、絞り優先オートで楽しむための解説本『ぼろフォト解決シリーズ073 絞り優先でカメラはもっと楽しい Nikon D7200 脱・初心者マニュアル [Kindle版]』も好評発売中です。

【Kindle電子書籍について】
Kindle電子書籍は、アマゾンによる電子書籍。専用Kindle端末のほか、iPhone、iPadなどのiOS端末、Android搭載のスマートフォンやタブレット端末に無料アプリを利用して、あるいはパソコンのブラウザー(Kindle Cloud Reader)で読むことができます。Kindle端末やスマホ、タブレット端末をお持ちではなくてもお読みいただけます。

【関連記事】
『【お仕事のご報告】Nikon D7200本発売開始!』(2015年12月17日)

0 件のコメント:

コメントを投稿