2016年7月13日水曜日

【LUMIX GX7 Mark II 関連記事】LUMIX G 42.5mm / F1.7 ASPH. / POWER O.I.S.で日々の暮らしを撮る



むかしむかし、おそらくは中高生だった頃。35mm判換算で焦点距離が85mmから105mm程度の中望遠レンズとよばれる焦点距離をうまく扱うのが、筆者には本当に苦手だった。より正確にいうと、「なんとなく絵にできてしまい、そのくせたいしておもしろみがない感じ」がいやだった。適度な遠近感があり、対象をゆがませないですむ。けれど、それ以外の絵作りをしにくい焦点距離であるといっていいだろうか。

カメラ誌やメーカーカタログをひもとけば、お約束のように「中望遠レンズは人物撮影に最適」とある。とはいえ、自分で人物を撮るさいに85mmを使ってみたものの、ありきたりにしか撮れない気がして、やはりなんとももどかしい思いがした。どうしても自分には「宣材写真」みたいになってしまうのだ。
中望遠レンズへの複雑な愛憎があるのは、じつをいうと、筆者がいちばんさいしょに自分で購入した単焦点レンズはその85mmだったから。それだからこそうまく使いたいと思ったのに、どうにも扱いきれないでいて、得られる絵になんともおもしろみがない感じがすることにがっかりさせられた。望遠効果としては85mmはマイルドでもの足りず、そのくせマクロレンズほどに近接できないことも不満だった。

いま思えば、たんに対象を見てどう切り撮ると絵になるかという「絵心」が自分にまだ足りなかったのだろうと思う。そういうと、まるで、いまは絵心をじゅうぶん持っているかのような口ぶりだが。あるいは、人物を撮るのでも、そもそも異性どころか人間(被写体)をよく観察できてさえいなかったにちがいない。中望遠レンズをうまく使うために要求されるのは、画面に被写体全体を入れることではなく、適度に切り取ること。この感覚がまだ足りなかった。

それに、高梨豊さんが言ったとされる、若いうちのほうが広角レンズの遠近感をおもしろく感じる、ということももちろんある。

大学生になったころに35mmと50mm、そして28mmを手に入れてみて、85mmよりも自分には自由に写せる気がした。だから、そのときの自分の好みは85mmではたまたまなかった、ということにつきる。50mmは気をつけないとゆがむ。けれど、そのゆがみを含めて、被写体への距離感も85mmよりも近接しやすくて好きだった。

ともあれ、その中学生の頃に苦手だった85mmレンズはずっと所有しつつ、なんだかうまいぐあいに写せないなあ、と思って使う機会があまりなかった。昨年までは。




そう、あれは昨年のこと。Nikon Dfを使った際に思い出して85mmを装着してファインダーを覗いてみると、あれれれれ、なんだかしっくりきちゃうぞ。しっくりきちゃいけないみたいな言い方だ。おやおや、いいじゃないの。と思わされてとてもおどろいた。むしろ、あんなに好きだった50mmや35mmレンズを水平に構えないとゆがみ方が気になるようにさえ。

人間の好みなんていいかげんなものだなあ、とあきれもする。同時に、きっとおじさんになって「画面をなるべく単純にしたい」と思うようになったのかなあ、とも。思えば、ここ10年はなにかとAPS-Cサイズボディにしばしば50mmレンズを装着して75mm相当で撮ることが多かった。きっと、知らず知らずのうちに中望遠レンズで、被写体を切り取って写す訓練をしていたのだ。おじさんは必然的に中望遠レンズへの苦手意識を克服しようとしていたのです。私は執念深い。「意外な努力家」だと思いたい、自分では。

まあね。あんまり若いうちに中望遠レンズで撮るのがうまいのはよくないよ、きっと。きれいに撮れていても絵におもしろみがないから。若者は広角レンズで被写体に臆すことなく近寄ってくれたまえ。近寄ってもゆがみが気にならない、人物であればきらわれないですむ距離感を見つけるといいんだ。

さて、昨年発売されたLUMIX G 42.5mm / F1.7 ASPH. / POWER O.I.S.はたまたま昨年使用した際にとても印象に残ったレンズだった。使用したのが上記のように「85mmの焦点距離はなかなかいいぞ」と思わされた直後であったことも、なお好印象につながったにちがいない。コンパクトで軽くてよくぼけて、ぼけも美しい。使用した際のボディがLUMIX DMC-G7であり、撮影テンポが軽快だったことも、さらに気に入った理由のはずだ。そこで、さきごろ入手したGX7 Mark IIのお供として我が家に来てもらって……もはやLUMIX G 42.5mm / F1.7 ASPH. / POWER O.I.S.ばかり使っている。ボディとのバランスもいいし、最短撮影距離31cmというのも便利なのだ。F1.7にして近接すれば大きくぼかせるし。いやあ、おもしろいおもしろい。

【共通データ】Panasonic LUMIX DMC-GX7 Mark II/LUMIX G 42.5mm / F1.7 ASPH. / POWER O.I.S./Adone Photoshop CC/Google Nik Analog Efex 2(画面周辺部をぼかして光量を落としています)

【関連記事】
■【デジタルカメラ】my recent favorite : LUMIX GX7 Mark II(2016年6月14日)
■【秩父鉄道撮影記事】黄色いアイツ、動く!(2016年5月23日)
■【上信電鉄撮影記事】デキ牽引『 2016ファンタジー』号走る(2016年5月2日)


0 件のコメント:

コメントを投稿