2016年7月6日水曜日

【西武池袋線PETIT撮影記事】KPP Train、出発しんこー!


ここにお越しになる鉄のお仲間のみなさんはご存知のとおり、このところほんとうに西武鉄道がなにやらいろいろな話題をふりまいている。地獄の番犬の名前の例のアレとか、そんな話題ではなくもっと積極的な話題で、沿線住民としてもヲタとしてもよろこばしい。鉄道趣味的にも、ラッピング車両が増えていて乗っているだけでも目を楽しませることが多い。とはいえ、いままでは広告ラッピングとアニメのコラボレーション、そして球団関連のものばかりだ。いやまてよ、Red Arrow Classic、Red Lucky Train、あるいは黄色い6000系などというのは鉄道趣味的か。やっぱりラッピング列車が多いなあ。

そこへこの春から、各駅でもさかんに広告していたのがKPP Trainだ。かなりの予算をかけているであろうこの列車については……私などが解説するのも野暮なので、リンク先の特設ページをごらんいただくとして。いやー、出発式に行ってみたかったのに、行けなかったのですよ。出発式2日前に小手指車両基地の一番奥にラッピング前にピンク色の電車を見ていたので、じっさいにどういうラッピングになるか知りたかったし、そりゃあ、きゃりーぱみゅぱみゅもどうせなら見てみたかったからな。


残念ながら走り始めたあとも池袋線を利用する機会が私にあまりなく、ようやく今日の夕方に自分と列車の運用が合った。といいますか、用事があって出かける際に偶然乗ることができた。カメラも持ち合わせていたし、そうなれば……撮るだろ! とはいえ、たまたま大学生の授業後の時間だったらしく、沿線の女子大生だらけの車内で、iPhoneを出して撮るのはちとはずかしかったのでやめた。私、おっさんだからさー(苦笑)。



でも、この電車は正面から撮ってもあまりおもしろみがない。駅でもいまひとつだし。なんといっても側面の様子がわからないと、そのおもしろさがわからない。と思い所沢の新宿線ホームで待ってみたというわけ。ピンク色の電車というものは記憶にないけれど、思っていたよりも奇妙な感じがしない。そもそも、コマーシャルを見て想像していたものよりもおとなしい。そして、破線の側面のラインも意外といい。この電車だけをあえて追うことは今後もしなそうだけどね。

0 件のコメント:

コメントを投稿