2017年11月10日金曜日

【機材の話】ラムダ「三脚ケース2」のこと

ラムダという、おもに山岳用などのアウトドア用途に向いたカメラバッグを作っている会社がある。ご自身も山岳写真を撮影される登山家である佐久間博さんが社長を務める会社だ(こちらの久門易さんの取材記事がわかりやすい)。その製品は店頭ではヨドバシカメラ、ビックカメラなどのカメラ写真用品を扱う大手量販店のほか、ICI石井スポーツにも置かれているという。すでに30年以上の歴史があるといい、アウトドア撮影をする写真家には知る人ぞ知るメーカーだ。どの製品もとても堅牢なところが、佐久間さんのまじめなお人柄を感じさせる(佐久間さんは大言壮語などをされない、たいへん実直な方です)。リュックサック(カメラザック)製品がおもで、なかには「槍ヶ岳」「双六岳」などという名を冠した製品もあり、佐久間さんの山岳への愛情を感じさせる。

そのラムダの「三脚ケース2」を先日ようやく手に入れた。カメラ誌編集部に勤務して製品情報を担当していた頃からその存在は知っていたものの、手に入れる機会を先延ばしにしていた。サイズはXS、S、M、Lの4種あり、私が手に入れたのはいちばん大きなLサイズだ。Lサイズの収納三脚長は70〜80cm、円周50cm。ケースの重さは300gと軽い。




私は前述のように、何本かの三脚を所有している。とはいえ、どれにもケースがない。以前は三脚はむき出しのまま携行していたものの、撮影行がどうしても公共交通でラッシュアワーにさしかかることもあり、そのさいにひとにぶつけてしまうのもためらわれる。また、ここ数年は三脚を何度も故障させていることから、列車内の網棚の上に置いた際に、あるいは携行中にどこかにたたんだまま置くなど、移動中に衝撃を与えたり傷をつけるのも気に入らない。パーツの破損もありえるから。そうなるとやはり三脚ケースが必要だと思わされていた。そこでまずは、市販のトートバッグに入れて三脚を携行していたものの、三脚全体をしまうことはできない。おまけに、気に入っていた無印良品の昨年モデルの帆布トートバッグは穴が空いてしまったし……今年の製品に同じ大きさのものがない。

そこで、ずっと気になっていたラムダの三脚ケース2を手に入れて……もっと早く入手すべきだったという思いにかられている。さすが、佐久間さんのところの製品だなあ、とも。


世の中にはいくつもの三脚ケースがある。三脚メーカーだけではなく、カメラバッグ製品の一環としても。けれど、このラムダの三脚ケース2のいちばんの特徴は、面ファスナーで締めることで、三脚の長さに合わせてケース全体の長さを調整できること。小さな三脚を大きなケースに入れても、中身に合わせてケースを折りたたんで面ファスナーで固定することができる。


Lサイズで300gという重量が示すように、山岳用途ではすこしでも軽いほうがいいのだろうからか、余計なポケットやクッションはない。もし、航空機で移動するなどの際に機内持ち込みをしないなどの場合などでクッションが必要ならば、三脚を梱包材(プチプチ)やタオルなどで包んでおくのといいだろう。

そして、ストラップのバランス配分もよく考えられている。先日の撮影で肩から提げていても、そのバランス配分のよさをひしひしと感じた。

私は三脚以外にも、必要に応じて照明器具を持ち運ぶことも考えていちばん大きいサイズを選んだ。そうやって、三脚以外の運搬にも使いたいと思っている。ここ最近の買い物のなかで、もっとも「自慢したい」「みなさんにもおすすめしたい」と思わされるのがこの「三脚ケース2」だ。山に登らない私でもとても使いやすくて気に入っているよ!

0 件のコメント:

コメントを投稿