2017年11月30日木曜日

【チラシの裏】宮島フェリーにて


ちょうどひと月ほど前のこと。出張撮影に出かけたときに、宮島フェリーに乗った。じつをいうと、私は広島にも宮島(厳島。本稿では以下「宮島」と表記します)にも行ったことがなかった。修学旅行は京都と奈良だったしね。そして、よく考えたら……岡山より西に列車で行ったのははじめてかもしれない。岡山だって駅から降りたことがなくて、すぐに乗り換えて高松、あるいは米子と鳥取には行ったことがあるだけだ。岡山以西は、飛行機に乗って日帰り出張で博多に行ったことがいちどだけあったっけ。こう書くと我ながら腰が重くていやになる。気軽に旅行に出かけることができるかどうか、というのは習慣なのだ。私には旅を習慣にできないのが惜しい。おっと、冒頭からそんなのはアレだ。

とにかく、はじめて宮島フェリーに乗った。台風が接近しつつある雨の日の夕方だった。


私はフェリーという乗り物が好きだ。その理由は単純で、海が見られることと、ふだん乗らないからもの珍しさがあり、開放感と非日常を感じられる乗り物だからということにつきる。社会人になってからは一時期、フェリーに乗りたいからという理由だけで久里浜と金谷を結ぶ東京湾フェリーになんどもなんども乗りに行った。クルマで行くのではない。京浜急行の電車でわざわざフェリーに乗りに行き、内房線で帰ってくるようにして、首都圏を一周するように心がけるのだ。真っ青な空が広がる夏の日にフェリーのデッキでビールを飲んだり、早春の日に乗って寒さに震えたこともあったっけ……でももう、20年近く前のことか……そう思っていますごくおどろいた。

そんな好きな乗り物に乗るのが、雨の日の夕方とくれば……乗船時間はわずか10分程度であるにもかかわらず、勝手に旅情が盛り上がるというもの。ほかの乗客のみなさんは、雨で眺望がよくないことを残念がっていただろうけれど、私は顔には出さないものの心のなかではおおはしゃぎだ。だって、雨の日の夕方ならなんでも絵になりそうじゃない。







大きな荷物を提げていたので、90mm相当になるAI AF Micro-Nikkor 60mm f/2.8DをつけたNikon D7200と、30mm相当になるLEICA DG SUMMILUX 15mm / F1.7 ASPH.をつけたLUMIX GX7 Mark IIであれこれ撮った。できれば、こんどはカメラは1台だけで荷物も軽くして乗ってみたい。一眼レフでもミラーレス機でもかまわない。ボディ1台で28mm相当と85mm相当のレンズだけポケットに入れて、という撮影スタイルがもっかのお気に入りだ。

たった10分間の乗船時間だったのに、出張撮影に出かけたなかでいちばん記憶に残っているのは、この宮島フェリーの乗船たかもしれない。なんだかしんみりしたし、ため息が出るほど雨の宮島がきれいだったから。あ、もしかしてむかし別のフェリーに乗ったときに、ゲリラ豪雨に見舞われた思い出(以下略)


【追記】先日、LEICA CLという聞いたことがある名前のカメラが発表されましたね。APS-Cサイズセンサーのミラーレス機ね。名前はともかく、シンプルなデザインが魅力的で使ってみたいよねえ。けっこうなお値段だけど……どんなふうに写るのか興味津々だ。私自身は手にできそうにないので、マイクロフォーサーズのGX7 Mark IIにLEICA DGレンズをつける楽しさをとうぶんは堪能することになるだろうけれど←やっぱり、根強いLEICAコンプレックスがあるね、私。それは冗談としても、LUMIX Gレンズもとてもいいけれど、LEICA DGレンズにはまたちがったよさがあるのだ。

数年前のCP+でライカカメラ社でレンズ設計を手がけるピーター・ガルベさんが、ライカ判(35mm判)は大きなフィルムフォーマットと比べると、より小さい絞り(大きな絞り値。英語で話していたので、記憶が正しければsmaller apertureと言っていたはず)を選ぶ必要がないので、フィルム感度が低くてもより高速シャッターを選ぶことができることが特徴だ。35mmフルサイズよりもセンサーサイズは小さいマイクロフォーサーズ規格でも、この関係は同じだ。センサーサイズが小さくて被写界深度が深いぶん、同じ被写界深度を得るためにはライカ判に比べたら小さい絞り(大きな絞り値)にする必要がなく、システム全体も小さくできる。これは小さいフォーマットの利点だしライカがマイクロフォーサーズ規格に賛同する理由としても正当だ、ということを話していて「なるほど」と思わされた(うまいストーリーを考えたものだ、という意味でも)。このセンサーサイズが小さいカメラでは「絞る必要がない」というのはおもしろい。画素ピッチが小さいぶん、ダイナミックレンジや高感度特性は大きなセンサーを持つシステムにはかなわない。けれど、絞る必要がないならば、ISO感度を上げないですむことがあるから。

あたりまえの結論だけど、カメラもまた用途別に使いわけるといい、ということだろうか。

【撮影データ】
Nikon D7200, Panasonic LUMIX DMC-GX7 Mark II/AI AF Micro-Nikkor 60mm f/2.8D, LEICA DG SUMMILUX 15mm / F1.7 ASPH./Adobe Photoshop CC

0 件のコメント:

コメントを投稿